四国地方

松山市大街道のBAR『ル・クラブ (LE CLUB)』中世ヨーロッパの古城で味わう極上カクテル♪

松山市の繁華街大街道で、異世界へいざなってくれるBAR『ル・クラブ (LE CLUB)』さんに出会いました。

内外装に始まり、アルコールのお味はもちろん、接客スタイルまですべてが好み過ぎるBAR。

「ル・クラブさんを再訪するために、また松山へ行かなくちゃ♪」とスケジュール帳をめくってます。

旅先で出会った素敵なBAR、ご紹介しますね。

スポンサードリンク

 

入店までの期待感もすごい!

 

会食と二次会を終えて23時頃にホテルへ戻ったものの、事前に調べて気になりまくっていた『ル・クラブ』さんのことが頭を離れず・・・

ミホ
すみません、わたし、どうしても行ってみたいBARがあるので行ってきま~す♪

元気に女ひとり酒へレッツゴー!

Googleマップさんに道順を教えてもらいつつ繁華街を歩き、徒歩3分ほどでたどりつけました。

うっすらとフェルメールの「青いターバンの少女(真珠の耳飾りの少女)」が浮かび上がるサインが素敵!

洗練されたロゴからも、オーナーさんのこだわりが伝わってきます。

地下へ降りる階段の壁には中世の絵画が飾られ、紋章入りの盾がかかる重厚な扉にしばし圧倒されちゃう。

これは危険!ディープな恋に落ちる予感満載。

入店前からすべてが好み過ぎて、ネットリサーチよりも実物が素敵過ぎて、扉を押すのを数秒ためらってしまいましたよ。

めちゃめちゃラッキーなことに1席だけ空いていて、神様に感謝しつつカウンターへ着席。

 

ル・クラブ のメニューは?

 

分厚いファイル状のメニューブックには、お酒の説明やこだわりだけでなく、ヨーロッパの逸話などもぎっしりと書かれています。

ミホ
次回は腰を据えてきて、メニューブックを熟読したい!

 
 
メニューの一部は、ホームページでご確認いただけます。
 ▽
http://www.leclub-matsuyama.com/framepage1.htm

 

ル・クラブ、ミホが飲んだ&食べたのは?

 

一杯目はグラス・シャンパーニュ。

泡と香りは繊細で優雅なのに、味わいはしっかりしていて気分が華やぎます。

Louis Nouvelot Saphir Brut(ルイ・ヌヴロ サフィール ブリュット) 。

生産地:フランス/シャンパーニュ
生産者:ルイ・ヌヴロ
葡萄品種:シャルドネ10%、ピノ・ノワール10%、ピノ・ムニエ80%

ジャックダニエルの樽で燻製した自家製いぶりがっことマスカルポーネ。

まさか四国でいぶりがっこと出会えるとは!

樽香かぐわしいいぶりがっこ、お酒泥棒間違いなし。

カニとクラマトジュースのブラディーシーザー。

ハマグリエキス入りのトマトジュース「クラマト」はもともと大好きなのですが、そこにカニが加わるってすごくないですか?

まさに贅沢なシーフードトマトスープをいただいてるかのよう。

はぁぁ、癒される~。

閉店まで粘っていろいろなお酒を楽しみたい気分でしたが、明日に備えてハイボールでフィニッシュ。

唇が触れるだけで割れてしまいそうなほど儚いグラス、香り高いハイボール。
 
 
ちょっと無理してでも伺って良かった!

大好きな松山がますます大好きになった夜でした。

 

ル・クラブ 、雰囲気や接客は?

 

店内は左側がカウンター、右側が半個室のテーブル席になってます。

カウンター奥の壁にはルーブル美術館所蔵『ナポレオンの戴冠式』(ジャック=ルイ・ダヴィッド画)、店内いたるところにアンティークの家具や武具が飾られていて、もう、もう、好み過ぎる。

お行儀悪いなぁと思いつつも、キョロキョロ眺めずにはいられません。
 

ミホ
中世ヨーロッパ大好きなんで、この空間にいるだけですごく幸せ♡

バーテンダーさん曰く「ヨーロッパ古城の地下にあるBARがイメージで、中世ヨーロッパとグラディエーターを融合した世界観なんですよ」とのこと。

BARの扉の中は非日常といいますが、『ル・クラブ』さんは非日常感が突き抜けていて、古き良き時代にタイムスリップしたかのよう。

リッツカールトンのような重厚感と高級感あふれる内外装ですが、接客はいたってフレンドリーで、初訪問からゆったり寛がせていただきました。

一見で予約もせずふらっと訪れたわたしをすごくあたたかく優しく迎えてくださり、つかず離れずの絶妙な間合いでもてなしてくださったことに感動の連続でしたよ。

松山へ行かれる際は、是非どうぞ。

 

お店情報

 
 
ル・クラブ (LE CLUB)
〒790-0002 愛媛県松山市二番町1丁目9−20
電話: 089-931-1995
http://www.leclub-matsuyama.com/
 

尾道市ランキング
 

投稿者プロフィール

本谷美穂
本谷美穂
尾道・しまなみ海道のブロガー&サイクリスト。
ソーシャルメディアを活用した販促支援、ワードプレスベースのホームページ・ブログ制作を行っています。

尾道観光大志
中小企業庁ミラサポ専門家派遣 登録専門家
SONY イメージング・プロ・サポート会員

Related article

尾道市高須町『おきなわんふ~ど ゆんたく』、新作「アグー豚のちりとり鍋」が〆のリゾットまで超オススメ!前のページ

尾道商店街『甘味処ととあん』、ほろ苦くも懐かしい想いにとらわれる本格抹茶パフェセット♪次のページ

ピックアップ記事

  1. 自分の位置情報を知らせる3つの方法:Googleマップ編、Line編、faceb…
  2. 【セキュリティ】今こそ見直したいLineのセキュリティ設定6つ!スクショ流出やの…
  3. 【機能廃止】facebookページ運営者必見!ページ「認証」で公式化し、検索結果…
  4. 【Google】店舗オーナー必読!Googleマイビジネス登録・MEO対策を行っ…
  5. 【Google】新機能「タイムライン」と「現在地の共有」は便利なのか?怖いのか?…

関連記事

  1. 四国地方

    高知県高岡郡四万十町『海洋堂ホビー館&かっぱ館』de童心に戻ってワックワク♪

    今回の四国旅行、しまなみ海道の赤い彗星つっくんの主目的はココ!…

  2. おとりよせ

    香川県坂出市『日の出製麺所』本格さぬきうどんは、ぶっかけ(あつ)も美味しい!

    香川県高松市への出張帰りに、JR高松駅で『日の出製麺所』さんの讃岐うど…

  3. 四国地方

    松山市銀天街『ことり』de名物いりこだし鍋焼きうどんを食す

    「瀬戸内しまなみ海道・国際サイクリング大会サイクリングしまなみ」で、ミ…

  4. 四国地方

    「人間以外は何でも売ってる?」高知日曜市で、土佐グルメ食べまくりん♪

    高知城すぐ近くの追手筋で、毎週日曜日に開催されている高知日曜市。…

スポンサードリンク

follow us in feedly

検索


カテゴリー

尾道ホテル・旅館

  1. サイクリング

    しまなみ縦走2016!しまなみ海道の多島美と、サイクリストの人情に感動した一日。…
  2. サイクリング記録

    2020年初詣&初ライド約40km☆尾道因島、自転車の神様『大山神社』&初カレー…
  3. サイクリング

    とびしま海道サイクリング 復路編:呉市川尻~大崎下島南部周遊~岡村島 約40km…
  4. サイクリング

    ロードバイクがそのまま乗せられる出雲路の一畑電車!中国経済産業局“Leaders…
  5. サイクリング

    2018年初詣&初ライド☆しまなみ海道に浮かぶ尾道因島、自転車の神様「大山神社」…
PAGE TOP