美術・芸術

陶芸家 吉野瞬クン、2019尾道個展「SHUN YOSHINO CERAMIC EXHIBITION @U2」

尾道市因島在住のイケメン陶芸家 吉野瞬クンの陶器個展が、1年数ヶ月ぶりに尾道で開催されています。

場所はJR尾道駅からほど近い、サイクリストのためのホテル&複合施設「ONOMICHI U2」内「SHIMA SHOP」。

約400点の新作が初日で半分以上売れてしまったそうですが、会期中は作品補充も行われているそうです。

渋いトーンでまとまった新作たち、ご紹介しますね。

スポンサードリンク

 

SHUN YOSHINO CERAMIC EXHIBITION 概要

 

【SHUN YOSHINO CERAMIC EXHIBITION】

会期:2019年11月9日(土)~11月15日(金)
   10:00~19:00

場所:ONOMICHI U2/SHIMA SHOP
   〒722-0037 広島県尾道市西御所町5−11
   https://www.onomichi-u2.com/

電話: 0848-21-0550  

 

SHUN YOSHINO CERAMIC EXHIBITION 2019 行ってきました!

 

爽やかな秋晴れに恵まれた個展初日、オープン30分以上前には「U2」に到着!

サイクリストさんの団体を見て、一瞬「瞬クン個展の行列!?」と焦りました(笑)。

が、今回もわたしが一番乗り♪

10:00オープンを待ちながら、瞬クンファンの方々と「アレもいいね」「コレも欲しいね」と盛り上がるのも楽しいひととき。

作品の多くは一点ものなので、並んでいる時間に「まずアレを手に取って、次はアレを・・・」と順番を決めていきます。

カップもお皿も素敵だわぁ~!

急須、花瓶、香炉も素晴らしい。この棚ごと買い取りたい。

瞬クンのイベントから狙っていたピンク色の陶器、可愛い豆皿にも見とれつつ、テーブル下の在庫までしっかりチェック。

深い蒼を映し出した新しい吉野ドット、ゴージャスなゴールドのオーパル皿にも目が釘付け。

2019レセプションパーティーのドレスコード「緑」のスーツがお似合いの瞬クン登場。

家で日本茶を飲むことが少ないけれど、この急須で丁寧にお茶を淹れたくなるわぁ。

ピンク色の急須も渋くてキュート。

触れる前から質感の良さが伝わってくるカップたち。瞬クンの作品には温もりがあって、手にするとほっこり和むんですよ。

常に生花が飾ってある生活をしたくなる花瓶群。

しなやかで官能的なフォルムに、うっとり見惚れてしまいます。

一輪挿しや水差し、カップ&ソーサ―も素敵、素敵、素敵!

普段使いしやすそうな小鉢は絶対買わなくちゃ。

シックな大皿に大胆に行けられた山帰来(サンキライ)他は、前日に瞬クンが山に入って摘んできたもので、自ら活けのだそうです。

渋い色柄でまとめられた抹茶椀。

丸皿と角鉢。「どんなお料理をどう盛り付けよう」と創作意欲をかきたててくれますね。

どんなお料理にも合いそうな新作。

毎日大切に使いたい飯椀。

日本茶、珈琲、紅茶、焼酎お湯割り、いつもそばに寄り添っていてほしいカップたち。

深い深いしまなみブルー。


 

オープン15分ほどで、1/4ほどの作品がなくなったように感じます。

瞬クンに「一番狙っとったお皿がない。吉野ストライプが放射線状になってる丸皿」と言ったら、「それはソーサーじゃわ」と突っ込まれました(笑)。

「このソーサーにおつまみやお菓子をのせても可愛いよね」と即購入決定。

レジ周辺には、これから並べられる作品たちが待機していました。この子たちもいいなぁ~!

会場にいればいるほど自制心がふっとびそうなので、ここでいったんお会計していただくことに。

「全部で16点、〇万円です」

おぉ、予算の2倍!(笑)

ずっしりした重みに幸せを感じながら、会場をあとにしました。

個展のたびに瞬クンの変化と進化が感じられ、その新境地に感動がやみません。 

※作品の撮影・掲載は吉野瞬氏の許可をいただいております。

レセプションパーティーの記事はコチラ。

 

ミホのお買い上げ品

 

今回購入したのはこちらの16点。(同じ形のお皿は重ねてあります)

「この子が一番欲しい!」とヒトメボレした深鉢。

深皿 1枚。

長方皿 2枚。

八角皿 4枚。

オーパル 2枚。

豆皿 4枚。

カップ&ソーサ― 2点。

吉野ピンク、落ち着きがあってほんと「渋可愛い」。

以前購入した小鉢と並べてみると、色合いや質感の変化が楽しめますね。

並べて眺めているだけで「うふふ、ふふふ」と幸せな声がもれてしまうのです。

初期から現在までの吉野ストライプ。この他に、飯椀、マグカップも持っております♪

 

ミホの吉野コレクション

 

「瞬クンの作品を並べておく専用棚が欲しい」と、2018年に購入した食器棚。

この器たちのために、お料理の腕と盛り付けセンスも磨かなくっちゃです。

 

吉野瞬クンプロフィール、過去の個展

 

2017年5月「SHUN YOSHINO CERAMIC EXHIBITION @U2」」の様子はコチラ。

2017年1月、福山で開催された個展の様子はコチラ。

2015年9月、尾道個展・パーティーの様子はコチラ。

2018年7月 尾道個展の様子はコチラ。


 
吉野瞬クンに関する記事一覧はコチラ。

 
 


尾道市ランキング
 

投稿者プロフィール

本谷美穂
本谷美穂
尾道・しまなみ海道のブロガー&サイクリスト。
ソーシャルメディアを活用した販促支援、ワードプレスベースのホームページ・ブログ制作を行っています。

尾道観光大志
中小企業庁ミラサポ専門家派遣 登録専門家
SONY イメージング・プロ・サポート会員

Related article

尾道が誇る奇祭ベッチャー祭り2019☆子どもの悲鳴が響きわたった三鬼神の練り歩き!前のページ

陶芸家 吉野瞬クン2019「SHUN YOSHINO CERAMIC EXHIBITION」圧巻のレセプションパーティー!次のページ

ピックアップ記事

  1. 大切なfacebookページとグループをショートカット設定すれば、情報収集・管理…
  2. 自分の位置情報を知らせる3つの方法:Googleマップ編、Line編、faceb…
  3. 【Google】店舗オーナー必読!Googleマイビジネス登録・MEO対策を行っ…
  4. 【セキュリティ】今こそ見直したいLineのセキュリティ設定6つ!スクショ流出やの…
  5. 【機能廃止】facebookページ運営者必見!ページ「認証」で公式化し、検索結果…

関連記事

  1. 島縞

    陶芸家 吉野瞬クン「SIMA SIMA 島縞 QUATTRO VINI〈リュック型の鞄〉受注会」@し…

    尾道市因島在住のイケメン陶芸家 吉野瞬クンファンの皆さま!瞬ク…

  2. 尾道カレー

    矢野ミチル画伯個展「幻獣博物館」開催@尾道市因島土生町『しまなみカレー ルリヲン』

    しまなみ海道・尾道の食材を使った優しくて本格的なインド料理が味わえる『…

  3. 島縞

    陶芸家 吉野瞬クンの新作リュック「SIMA SIMA 島縞 QUATTRO VINI」、本当にフルボ…

    尾道市因島在住のイケメン陶芸家 吉野瞬クンがデザインを手がける革&帆布…

  4. 美術・芸術

    『ロックンロール命日カレンダー2018 by 浜よう子』をゲット!永遠の心の恋人、hideちゃんの命…

    2018年、皆さんのおうちではどんなカレンダーをかけられていますか?…

  5. 美術・芸術

    尾道市因島『シゲイノイエ』de矢野ミチル画伯個展 “七線譜の踊り手たち”

    2014年に初めて観たときヒトメボレした矢野ミチル画伯の世界。…

スポンサードリンク

follow us in feedly

検索


カテゴリー

尾道ホテル・旅館

  1. サイクリング

    とびしま海道サイクリング 復路編:呉市川尻~大崎下島南部周遊~岡村島 約40km…
  2. サイクリング

    中国経済産業局「広域ラグジュアリーツーリズム開発に向けたネットワーク構築会~Cy…
  3. サイクリング

    しまなみ縦走2016!しまなみ海道の多島美と、サイクリストの人情に感動した一日。…
  4. サイクリング記録

    天女の羽衣と呼ばれる三千本桜目指して、ゆめしま海道の離島 岩城島 積善山ヒルクラ…
  5. サイクリング

    しまなみ海道に浮かぶ尾道市因島、自転車の神様「自転車神社 大山神社」へ参拝!
PAGE TOP