宿泊施設

尾道海岸通り『urashima INN -GANGI-』全室オーシャンビューのスタイリッシュホテル誕生!

2021年4月9日(金)、尾道海岸通りに、『天然温泉うら湯 旅館浦島』さんの新しいホテルがプレオープンされました!

JR尾道駅から約500m、徒歩10分弱の好立地。グランドオープンはゴールデンウィーク前を予定されているとのこと。

全室オーシャンビューで、屋上からは尾道市街地と尾道水道、対岸の向島、360度のパノラマを楽しめる素敵なホテルです。

地元人も泊まりたくなるスタイリッシュなホテル、ご紹介しますね。

スポンサードリンク

 

urashima INN -GANGI-

 

コンセプトは「小さな町屋ホテル」。

玄関にも館内にも御祝の胡蝶蘭や観葉植物がずらり。川口代表ご夫妻のお人柄とお付き合いの広さが伝わりますね。

おしゃれなバルーンアートもプレオープンに華を添えています。

駐車場は近隣に提携駐車場数台準備中。

サイクリスト歓迎!サイクルラックは設置されていませんが「輪行バッグに収納すれば客室持込OK」だそうです。

 

1Fフロント

 

フロントに飾られている「ONOMICHI TOURIST MAP」。

「お客様が自分で感じた尾道を記録してほしい」と、利用者が記入可能な短冊が用意されています。

ホテルのロゴや名刺、このパネルも、デザインはすべて尾道のデザイン事務所『カメレオンワークス』さん。うえちゃん(上田代表)の卓越したセンスが随所随所に光ってますよ。

ちょうど内覧にいらしていた『抹茶と料理 禅和庵』禅シェフによる、手書きとは思えない短冊。芸術家ってすごいなぁ。

1Fフロントカウンター。

バーテンダーさんを雇うか間貸しされるかして、この空間がカフェ&BARになればいいのに~!

尾道水道を眺めながら美味しいビールやカクテルがいただけるなんて、最高じゃないですか♪

1Fエレベーター乗場横には、バルミューダのレンジとデロンギの珈琲メーカー、ウォーターサーバーを設置。

チェックイン時や起床時に美味しい珈琲がいただけるのは嬉しいですね。

プレオープンレセプションのサービスで、瀬戸田『島ごころ』さんの「瀬戸田レモンエール」をご馳走になりました。ありがとうございます。

レモンの香り爽やかな、しまなみ海道らしいビール♪

 

屋上・客室

 

客室数:16室(全室ツイン)

屋上に上がると、目の前が尾道水道&向島!宿泊客は自由に屋上へ入れるそうです。

尾道駅前渡船と福本渡船、兼吉渡船の間に建てられているので、行き交う渡船を間近に見下ろせるんですよ。

「住吉花火の特等席ですね」とは、訪れた方全員がおっしゃるそう。住吉花火開催日が決まったら、お部屋を予約したいものです。

6Fから眺める尾道水道は、地元人でも新鮮な景色。いつまでもここに滞在していたくなっちゃう。

振り向けば千光寺山と千光寺公園。一週間早ければ、千光寺公園の桜がみごとだったことでしょう。

海岸通りや尾道商店街を見下ろすことも、ほぼないですものね。童心に帰ってはしゃぎたくなる。

名刹『千光寺』と、千光寺山ロープウェイ。

5F客室からの眺望。なんて贅沢なんでしょう。

客室はツインルーム。こじんまりしていますが、木製品を多く取り入れ、優しい色合いでまとめられているので、閉塞感を感じません。

各部屋には、尾道の画家さんが描かれた水彩風景画が飾られています。柔らかなタッチと色合いで描かれた尾道がとても素敵で、16作品すべて見てみたい。

フロントとの連絡はスマートフォン。最先端システムですね。

目覚まし機能もついた可愛い木製時計。

カップや湯沸かしボットも温かみがあってオシャレ。

壁に設置されたテレビと、空気清浄機、テレビの下の黒い箱は・・・?

コンパクトな冷蔵庫!

デスクは小さめですが、パソコン作業するにはじゅうぶん。尾道水道を眺めながらのワーケーションは、気が晴れ晴れしていいお仕事ができそう。

タイルがあしらわれた可愛い洗面台には、ドライヤーやアメニティも充実しています。

フェイスタオルとバスタオル。

バスタブはなく、シャワーのみ。

ゆったり温泉につかりたい方は、『旅館浦島』さん経営『養老温泉郷 天然温泉うら湯』のご利用をお勧めします。


 

クローゼットはなく、壁にハンガー3本。2人で数日滞在する場合は、少し工夫が必要かもしれません。

5F東側のお部屋は、ベッドが並んでいるタイプ。

カップル利用はもちろんのこと、「1人でゆったりワーケーションしたい」方に向いていそう。

ロードバイクを持ち込みたい方も、この客室タイプのほうが置きやすそうですね。

2F客室はベッドカバーが落ち着いた濃紺。

高さが変わるだけで、尾道水道の見え方が大きく変わりますね。海をすぐそこに感じられます。

 

お食事

 

レストランやカフェは併設されていません。近隣に美味しいお店が多いので、外食で尾道グルメをお楽しみください。

徒歩数分のところに『セブンイレブン』もあります。

 

施設情報

 

urashima INN -GANGI-
〒722-0035 広島県尾道市土堂1丁目13−7
電話:0848-29-7111
https://urashima-inn.jp/

Check In :16:00~22:00
Check Out:06:00~10:00

 

 
 

尾道市ランキング

投稿者プロフィール

本谷美穂
本谷美穂
尾道・しまなみ海道のブロガー&サイクリスト。
ソーシャルメディアを活用した販促支援、ワードプレスベースのホームページ・ブログ制作を行っています。

尾道観光大志
中小企業庁ミラサポ専門家派遣 登録専門家
SONY イメージング・プロ・サポート会員

Related article

2021/3/7オープン!尾道海岸通り『カド』昼呑みもできる、ファッションとエスニックグルメショップ♪前のページ

2021/4/10オープン!尾道市生口島『Soil Setoda』海を眺めつつクラフトビールで乾杯♪次のページ

ピックアップ記事

  1. 【Google】店舗オーナー必読!Googleマイビジネス登録・MEO対策を行っ…
  2. スクショ流出やアカウントのっとりにご用心!LINE、facebook、Googl…
  3. 大切なfacebookページとグループをショートカット設定すれば、情報収集・管理…
  4. 自分の位置情報を知らせる3つの方法:Googleマップ編、Line編、faceb…
  5. 【機能廃止】facebookページ運営者必見!ページ「認証」で公式化し、検索結果…

関連記事

  1. 宿泊施設

    しまなみ海道 因島『ホテルいんのしま』、人気の「ステーキ重」と「水軍定食」テイクアウト♪

    しまなみ海道の多島美を満喫できる天狗山に佇む『ホテルいんのしま』さん。…

  2. 宿泊施設

    2020年3月26日オープン予定!しまなみ海道 大三島『サイクリング総合施設 WAKKA』内覧会!

    2020年3月26日(木)、しまなみ海道に浮かぶ神の島 大三島に『サイ…

  3. 宿泊施設

    尾道市因島『ナティーク城山』、日本遺産「村上海賊」の息吹を感じるオーベルジュ♪

    日本遺産に認定された「村上海賊」三家のうち、因島村上の本城「長崎城」跡…

  4. 宿泊施設

    しまなみ海道 大三島『大三島ふるさと憩の家』明治創立の元小学校を利用した素敵な宿泊施設!

    元小学校の宿泊施設『大三島ふるさと憩の家』が、2018年4月リニューア…

  5. 宿泊施設

    しまなみ海道 大三島にサイクリストホステル誕生!『IKIDANE HOSTEL & CAF…

    しまなみ海道の真ん中「神の島」と呼ばれる大三島に、2019年5月20日…

スポンサードリンク

follow us in feedly

検索


カテゴリー

尾道ホテル・旅館

  1. サイクリング

    尾道市向島町歌~浦崎町・境ガ浜サイクリング♪水陸両用機試験運転に遭遇!
  2. サイクリング

    RED BULL HOLY RIDE 2016 大迫力のマウンテンバイクダウンヒ…
  3. サイクリング

    RED BULL HOLY RIDE 2017 大迫力のマウンテンバイクダウンヒ…
  4. サイクリング

    しまなみ縦走2018 1日目3/24(土)!快晴のしまなみブルーに包まれて、春の…
  5. サイクリング記録

    2019年初詣&初ライド約40km☆しまなみ海道に浮かぶ尾道因島、自転車の神様「…
PAGE TOP