尾道グルメ&しまなみ海道サイクリング情報発信♪

menu

ミホとめぐる尾道

小津安二郎監督も愛した尾道市久保『竹村家』de初夏の日本料理に舌鼓♪(昼食)


尾道市役所のすぐ近く、尾道水道沿いに佇む、明治時代創業の老舗料理旅館『竹村家』さん。

小津安二郎監督『東京物語』の尾道ロケ地としても有名で、今も根強い小津監督ファンが多く訪れるそう。

DSC05242_1280

趣のある日本建築は有形文化財に指定されています。

大好きな老舗料理旅館の初夏の味、ご紹介しますね。



 

料理旅館竹村家のメニューは?

 

・昼食 ¥8,000~

夕食・会席は予算と好みを伝えながら相談されてください。

宿泊は一泊二食付きで¥20,000~。

 

料理旅館竹村家、ミホが食べたのは?

 

お昼の会席コースをいただきました。ランチタイムに伺うのは初めてで、ワクワク♪

 

先付け

DSC05260_1280



色とりどりのアラレをつけた揚げもの、美しく包丁が入ったイカや海老。空豆。



目にも舌にも嬉しい、丁寧なお料理。



DSC05261_1280



デザートのような、クリームチーズ豆腐。



車だったので、お酒をいただけないのがまっこと残念。

おつくり

DSC05262_1280



ぷりぷりの海老、繊細な包丁捌きに感動の海老、鯛など。



鮮やかなブルーと白の器も初夏らしくて素敵。



すだちを絞って、爽やかな香りとともにいただきます。

汁物

DSC05263_1280

あやめが描かれた吸い物椀。



DSC05266_1280



上品なお出汁が体に染みわたります。あぁ、日本人に生まれて良かった。

ローストビーフ

DSC05265_1280


サシが美しいローストビーフには、自家製マヨネーズとマッシュポテトが添えてあります。



お肉の旨みがしっかりしてて、柔らかくて美味し~ぃ!



自家製マヨネーズとマッシュポテトも、名料理旅館ならではの上品さで、極上のお味です。

天ぷら

DSC05268_1280

さっくり揚げてあるので、さっぱりいただける天ぷら。



衣にもいろいろ工夫がされていて、ひとつひとつに驚きを感じます。

酢のもの


DSC05270_1280


お花が咲いたかのような器に、ミョウガがアクセントになった優しいお味の酢のもの。



どのお料理もすごく手がかけてあって、女将さんと料理人さんの意識の高さ、おもてなしの気持ちが伝わってきます。

鱧と子、冬瓜の煮物

DSC05269_1280

竹村家さんにお邪魔すると「料理は器で味わう」「料理は目で味わう」という表現を実感します。



DSC05272_1280

大好物の鱧が、美味しい季節になりました。この丁寧な骨切り、素晴らしいですね。



さっと煮た子と、透き通る薄緑の冬瓜。ほんと視覚も味覚も大満足です。

あさりごはんと、お漬物

DSC05274_1280

〆はあさりごはん。

DSC05273_1280

尾道・岩子島『ミーシャンズファーム』のハート&星形キュウリが登場!

お友達が丹精込めて育ててる野菜が老舗料理旅館で使われてるとは感激です。

デザート

DSC05275_1280

ぷるんぷるんの、夏みかんゼリー。

 

おみやげ

DSC06417_1280



新作のハンカチをいただきました。ありがとうございます。



肌触りがよくて、柔らかい色合いで、この夏ヘビーユーズしそうです。

竹村家、雰囲気や接客は?

DSC05243_1280

『東京物語』そのままの日本建築は、古き良き昭和で時が止まっているかのよう。



DSC05257_1280

お部屋の目の前には、尾道水道が広がります。



DSC05253_1280

女将さんと仲居さんの接客は、格式ばったところは全くなく、むしろ気さくでこちらを存分に和ませてくださるいい具合。



DSC05251_1280

床の間に飾られた素敵な調度品、天井や襖の繊細なあつらえも目の幸ですね。

DSC08762_1280

貴重なニッカウヰスキー・コレクションも見せていただきました。

DSC08763_1280

レトロ感あふれるこの素敵なラベル、復刻版が出たら欲しいわぁ~。

 

お店情報

 

〒722-0045 広島県尾道市久保3丁目14−1

電話:0848-37-1112

竹村家本館

関連ランキング:旅館 | 尾道駅

 

<本谷美穂 Miho Mototani>

ブログ:ミホとめぐる尾道

ミホブログ用3



広島県尾道市 ブログランキングへ

 


Loading Facebook Comments ...
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
follow us in feedly effe600af82c8ce82746a1d4f31c48cd