尾道の食堂・定食屋

尾道市瀬戸田のアオリイカ専門店『食堂あおり』にて激旨いかサイクリングランチ♪

2019年10月13日、しまなみ海道生口島「しおまち商店街」にオープンされた『食堂あおり』さん。

ご主人自らが釣り上げて捌く、アオリイカの専門店です。

メニューはアオリイカ料理のみという、アオリイカ愛にあふれた食堂。

しまなみ海道サイクリングやドライブにぜひお出かけいただきたい、新瀬戸田グルメをご紹介しますね。

スポンサードリンク

 

食堂あおりのメニューは?

 

<数量限定>
〇あおりご飯 1,200円
〇あおりご飯 げそ天付き 1,500円
〇あおり天丼 1,200円

他、ジュース、ノンアルコールビール、焼酎あり。

 

食堂あおり、ミホが食べたのは?

 

各席に「あおりご飯オススメの食べ方」が置かれています。(※メニュー裏面)

1.生卵にお好みでつゆを入れる
2.つゆと生卵を混ぜる
3.アオリイカのお刺身をつゆにつける
4.つゆに浸したお刺身をご飯にのせる
5.食べる

水ではなくあたたかいお茶に、ご主人のホスピタリティーを感じます。

あおりご飯 げそ天付き 1,500円。

ご覧ください、この美しいアオリイカのお刺身。

生卵と混ぜたおつゆをつけて、

ほかほかご飯にのせて、いただきます。

ミホ
う、う、う、旨ぁ~いっ!!!

 
噛むほどに強くなるアオリイカの甘み、強い弾力と少しねっとりとした食感にメロメロ。さすがイカの王様。

エンペラのコリコリ感も最高です。

サックリ揚がったげそ天は、旨みが濃くてビールが欲しくなるお味。

赤出汁も美味。ご主人が名古屋ご出身だからでしょうか、本当に美味しい赤味噌を使っておられます。

最後は卵ご飯にしたところへ、数切れ残しておいたお刺身とワサビをオン。

はぁぁ、たまらん。たまらん美味しさじゃわ。

「ご飯が足りなかったら、サービスで少し足しますよ」とおっしゃってくださるご主人へ、

赤い彗星 つっくん
いや、ちゃんとお金払うんで、もう一杯ください。

いや、ちょっと待って。ごはんじゃなくて、追加で天丼ください!


 

「大丈夫ですか?ごはん少なくしましょうか?」と心配されながら登場の、あおり天丼 1,200円。ご飯はもちろん普通盛りです。

アオリイカのあらゆる部位が天ぷらになっていて、ごはんが進みまくる一杯。(つっくん談)

大根おろしでさっぱりいただくのもいいですね。

次回はわたしも天丼をお願いしてみようかな。

アオリイカは季節に合わせて、瀬戸内海だけでなく宇和島方面へも釣りに行かれるそう。

ご主人のあふれるアオリイカ愛を聞かせていただきながらいただくお料理、感動的に美味しゅうございました。

 

食堂あおり、雰囲気や接客は?

 

オープン準備中から、ずっとワクワク気分で Instagram @shokudo_aori をチェックしていた『食堂あおり』さん。

アオリイカ漁や仕込みで時間が取られるため、営業時間はお昼のみ。予約可能です。

店内は、カウンター4席と、テーブル8席。

古民家の良さを残しつつ、青を活かしてスタイリッシュにリフォームされた店内。青はアオリイカの目の色をイメージしているそうです。

ガラス戸の細工も古時計も、瀬戸田の歴史を感じますね。

雑誌コーナー、火鉢、三輪車、観葉植物。んんっ、この三輪車、

堂々とした「越」のマークが目立つ、三越製!

いつごろ製造されたものなんでしょうね。整備したら、まだ動くかなぁ。

お食事を待つ間、建物や中庭を見学させていただきました。

趣きのある中庭と廊下。

「ミホちゃん!ちょっとちょっと!」とつっくんが興奮しているのは、

五右衛門風呂!小学生のころまでは、田舎の祖母の家にあったなぁ~。

土間には井戸も。

施工されたのは、向島「情熱大工」さんだそうです。

サイクルラックが見当たらなかったので、お店の格子をお借りして施錠しましたが、

奥庭にサイクルラックが置かれていました。

「大きさ的に正面には置けないので、グループでいらしたときは声をかけてください。裏門からお入りいただけます」とのこと。

お車の場合。専用駐車場はありませんが、周辺に無料・有料駐車場がたくさんあります。

お支払は、現金以外に「PayPay」が使えます。

いか好きの皆さま、ぜひお出かけくださいね。

 

お店情報

 

食堂あおり
〒722-2411 広島県尾道市瀬戸田町瀬戸田 本町450-2
電話: 050-5359-2426
https://shokudoaori.com/


尾道市ランキング

投稿者プロフィール

本谷美穂
本谷美穂
尾道・しまなみ海道のブロガー&サイクリスト。
ソーシャルメディアを活用した販促支援、ワードプレスベースのホームページ・ブログ制作を行っています。

尾道観光大志
中小企業庁ミラサポ専門家派遣 登録専門家
SONY イメージング・プロ・サポート会員

Related article

【2020年 図解付き】Gmailで外部アドレスを送受信する設定方法!複数メールアドレス管理はGoogle一択!前のページ

尾道市向島『中司菓子店』爽やかなレモンどら、華やかなもえぎ、餡子好きならぜひ♪次のページ

ピックアップ記事

  1. 【Google】店舗オーナー必読!Googleマイビジネス登録・MEO対策を行っ…
  2. 【セキュリティ】今こそ見直したいLineのセキュリティ設定6つ!スクショ流出やの…
  3. スクショ流出やアカウントのっとりにご用心!LINE、facebook、Googl…
  4. 【Google】新機能「タイムライン」と「現在地の共有」は便利なのか?怖いのか?…
  5. 大切なfacebookページとグループをショートカット設定すれば、情報収集・管理…

関連記事

  1. 尾道の食堂・定食屋

    尾道市新開地区『阿部食堂 ガレージコーヒー』新潟タレかつ丼、すじこに日本酒♪

    尾道の歓楽街「新開」(しんがい)の人気店『阿部食堂 ガレージコーヒー』…

  2. 尾道の食堂・定食屋

    ボリューム満点!尾道市因島中庄町『北極』安くて美味しい昔ながらの定食屋さん♪

    グルメなお友達から「安くて旨くてボリューム満点じゃけ、つっくんと行って…

  3. 尾道の食堂・定食屋

    尾道市向島『あづま家食堂・喫茶アヅマ』昭和香る食堂で、昔懐かしい尾道の味にひたる♪

    尾道市向島の「東西橋」交差点近くにある『あづま家食堂・喫茶アヅマ』さん…

  4. 尾道の食堂・定食屋

    JR尾道駅エキソト『食堂ミチ』昼も夜も重宝する、昭和レトロな大衆食堂♪

    JR西日本「尾道駅」にある大衆食堂『食堂ミチ』さんが、めでたく一周年を…

  5. 尾道の食堂・定食屋

    尾道市古浜町『食堂ちたる』は、「タルヤ商店」から引き継がれた尾道のおふくろの味♪

    2018年8月5日、古浜町「ケーズデンキ」近くにオープンされた『食堂ち…

スポンサードリンク

follow us in feedly

検索


カテゴリー

尾道ホテル・旅館

  1. サイクリング

    中国経済産業局「広域ラグジュアリーツーリズム開発に向けたネットワーク構築会~Cy…
  2. サイクリング

    RED BULL HOLY RIDE 2017 大迫力のマウンテンバイクダウンヒ…
  3. サイクリング

    2017年初詣&初ライド☆しまなみ海道に浮かぶ尾道因島、自転車の神様「大山神社」…
  4. サイクリング

    とびしま海道サイクリング 復路編:呉市川尻~大崎下島南部周遊~岡村島 約40km…
  5. サイクリング

    しまなみ縦走2017!しまなみ海道の赤い彗星、新車DE ROSA SK Red …
PAGE TOP