尾道グルメ&しまなみ海道サイクリング情報発信♪

menu

ミホとめぐる尾道

ミホのオススメ尾道のお好み焼き店3選(てっぱん尾道焼き)


わたしにとって「お好み焼き」といえば、尾道のお好み焼き。

広島市内のものも関西のものも大好きですが、ソウルフードはやっぱり尾道焼きなんです。

尾道焼きは、NHK朝の連続ドラマ小説『てっぱん』で全国的に有名になりました。



瀧本美織ちゃんが演じたヒロイン、「おのみっちゃん」こと村上あかりちゃん。

お母さん役の安田成美さんは、尾道の老舗人気店でお好み焼きの焼き方習われたとか。ドラマのなかで、上手に焼かれてましたよね♪

 

尾道焼きの特徴は?

 

砂ズリ(砂肝)とイカ天(揚げイカ)が入るのが特徴です。

基本的な焼き方は、広島焼きと同じく、生地をクレープ状にのばした上にかつお粉をふり、キャベツ、麺などをのせていきます。

1380181162l_512

「ドラマのために作ったものなの?」
とよく聞かれますが、尾道旧市街地では昔っからのスタイルなんですよ。

豚・砂ズリ・イカ天を入れるのがスタンダード。
尾道近郊の海でとれた海産物(小海老、タコ、イカなど)があれば、ぼんぼん入れちゃいます。

 

ミホのオススメ店

 
お店によって具材、ソース、焼き方などバラバラ。
尾道ラーメンもそうですが、食べ歩いて自分の好みのお店を見付けましょう。

 

あそう


asou1_512

オープン当初から大好きなお店。
「尾道細麺のカリカリ焼き」と「かきおこ」(冬季限定)にハマりまくっております。

写真は「尾道細麺のカリカリ焼き」ベースに豚、ネギかけ、揚げイカ。

asou2_512

途中からマヨネーズと尾道やくみをかけて、味の変化を楽しむのもいいですね。ビールに合う合う♪

 

ぽっぽ家

 

poppo_512

昔ながらの懐かしい尾道焼き。
「ぽっぽ家スペシャル」には、豚、牛、砂ずり、揚げイカ、ネギ、卵が入ってます。あまり押さえつけずに焼いてあるので、キャベツのシャキシャキ感がすごい。

子どもの頃、駄菓子屋さんの奥で食べたお好み焼きを思い出す懐かしく優しいお味。

どのメニューも、焼き方は「麺パリッ」と「昔焼き」から選ぶスタイルで、「昔焼き」は油を一切使わないさっぱりしたお好み焼きだそうです。

夜は一品料理と焼酎が楽しめるので、居酒屋スタイルでの利用もOK。

 

茶食楽(ちゃくら)

 

matakite1_512

砂ズリ&ホルモン(大腸)がたんまり入った「茶食楽(ちゃくら)焼き」。

「自分がほんまに好きなもんを作りたかったんよ」と話す美人女将の言葉通り、今まで食べたことのないお好み焼きです。

ワイン入りオリジナルソースが絶妙で、ビールもいいけど、赤ワインが欲しくなるぅ!

他、「村上」「のぐち」「いわべえ」も大好きです。

 

おうちで尾道焼き

 

好きな具材を入れて、自分好みのお好み焼きを作るのも楽しいですよね。

ie1_512

1.熱したてっぱんへ、水ときした小麦粉を薄~くクレープ状にのばします。(山芋・出汁入りの粉を使うと、薄くひけないので注意)

2.かつお粉をたっぷりかけ、ざく切りキャベツをどっさりのせます。

3.続いてゆで麺をON。(焼きそば麺を軽くレンジでチンすればOK)

4.天かす、ねぎ、薄切りにした砂ズリ(砂肝)、揚げいか、豚バラをON。

5.生地がきつね色になったら、広島焼きの一大イベント! 返し!!まぁ、少々ぐちゃぐちゃになっても、コテで修正できるので適当に(笑)

6.関西焼きとは違い、ここでギュ~ッと押さえます。

7.豚バラの表面がカリカリしてきたら、目玉焼きの上へ返します。

8.ソース、鰹節、青のりをかけて、出来上がり♪

ie2_512

冷えたビールを用意しておきましょう♪

ビールの美味しい季節!
ぶらり尾道散策&食べ歩きにいらしてくださいネ。


 

 


Loading Facebook Comments ...
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
follow us in feedly effe600af82c8ce82746a1d4f31c48cd