尾道鮮魚・寿司(和食)

尾道駅近『郷土味かけはし』穴子、でべら、鯛、タコ、マゴチ、瀬戸内鮮魚の美しい日本料理にうっとり♪

予約が取りづらいことで有名な人気店、尾道駅から程近い尾道商店街入口にある『郷土味かけはし』さん。

ずっと予約が取れなくて、約1年ぶりの訪問となりました。

視覚・味覚・嗅覚、ココロも存分に満たされるお料理とおもてなし、ご紹介しますね。

スポンサードリンク

 

郷土味かけはしのメニューは?

 

昼夜ともコース料理のみで、要予約。

昼の部は3,500円~、夜の部は5,400円~。

お酒は日本酒を中心に、焼酎、ワイン、梅酒、ビール、ソフトドリンクなど。

 

郷土味かけはし、ミホが食べたのは?

 

梅雨らしく紫陽花をあしらったしっとり感のある先付。

大女将が詠まれて、女将が清書される俳句がいつも最初のお楽しみです。

「雨の日や 部屋に舞ひこむ 姫蜻蛉」

ユーモラスな表情のお魚形小鉢には、プリッとした鯛の白子。旬をいただける幸せ。

渋みのある器には、つるなのおひたし。あぁ、やっぱり『かけはし』さんのお出汁最高。

竹細工の箸置きは、水鉄砲。本当に水を飛ばせるそうですよ。やってみたくてウズウズしちゃう。

『かけはし』さん名物、穴子の薄づくり。

深緑色の器に白身の薄づくりが映えますねぇ。美しい穴子のおつくりは適度な歯ごたえと甘みが特徴で、いついただいても至福の美味しさ。

タコ、まごち、鯛、アカニシも、鮮度抜群です。

ふくよかなお米の旨みが大好きな「小笹屋竹鶴」を冷酒で。星空を切り取ったかのような冷酒グラスが素敵。

酒 蔵:竹鶴酒造
生産地:広島県竹原市
使用米:大和雄町

尾道名物「でべら」の土瓶蒸し。

林芙美子著『放浪記』「海が見えた。海が見える。五年振りに見る、尾道の海はなつかしい」と千光寺が描かれたお皿。

男性には、志賀直哉著『暗夜行路』「六時になると上の寺で刻の鐘をつくゴーンと反響が一つ、又一つ、又一つ」と尾道風景が描かれたお皿が使っておられる大将の心配りがニクイ。

でべらの旨みと甘み、焼き米の香ばしさがしっかり引き出されているお出汁の美味しさといったらもう・・・。

極上のお出汁で日本酒を呑めるって、日本人に生まれた幸せを実感させていただけますね。

茶褐色の落ち着いた肌合いの備前焼に、鰆の青唐焼き、食用鬼灯(ほおずき)、じゅんさい。

爽やかな青唐の辛みが、ほんのり甘くて弾力のある鰆にぴったり。こりゃ日本酒泥棒だわ。

旬のじゅんさい、ぷるぷる感とつるりとしたのど越しがたまりません。

れんが色の迫力あるお皿で登場したのは、ドギ、鯛骨、新じゃが、そら豆の揚げ物。

新じゃがは小ぶりなものを丸ごと揚げてあるのかと思いきや、マッシュポテトを丸めてあるという手のかけ方に一同感激。

すでにおなかいっぱいなのに、美味し過ぎてお箸が止められない・・・。

鯛骨&ドギをパリパリパリパリ、日本酒キュッの無限ループに陥ります。

出汁茶漬け(ごはん少なめ)。

もうおなかいっぱいだから炭水化物はやめておこうと思っても、『かけはし』さんの出汁茶漬けははずせません。

キュウリと茗荷のお漬物、沢庵もいいお味で、また日本酒が欲しくなっちゃう(笑)。

「いや、もう、ほんと無理」と思っても、スプーンが止まらない濃厚プリン。

福岡産の抹茶と煎茶をブレンドしてあるという日本茶も、大変美味しゅうございました。

なんだかんだ言いつつ、今回もちゃっかり完食!

柿本大将&女将さん、スタッフの皆さん、本当にありがとうございました。

『郷土味かけはし』さんの記事一覧はコチラ。

 

郷土味かけはし、雰囲気や接客は?

 

1階には個室が3室(2名~8名まで対応可能)、2階はお座敷(20名まで)。カウンターも数席あり。

玄関、お部屋、お手洗い、いたるところに季節の草花が活けてあり、心が和みます。

予約時の電話応対、お出迎えからお見送り、お料理を出すタイミングや声がけなど、行き届き過ぎるほどの目配り気配り心配り、とにかくおもてなしが素晴らしいんです。

宴席・接待・御祝・お結納などの目的、苦手な食材やアレルギーなど、その人その人に合ったお料理を仕立ててくださるので、どんな方でも安心してご案内できますよん。

唯一困るのは、冒頭にも書いた「予約が取りづらい」こと。早めの予約を心がけましょう。

『ミシュランガイド広島・愛媛2018特別版』ミシュランプレートに選定されています。なぜ星がつかないのか不思議で仕方ありません。

 

お店情報

 

郷土味かけはし
〒722-0036 広島県尾道市東御所町3−12
電話: 0848-24-3477
http://kakehashi.hp.gogo.jp/pc/

郷土味 かけはし

関連ランキング:郷土料理(その他) 尾道駅


尾道市ランキング
 

投稿者プロフィール

本谷美穂
本谷美穂
尾道・しまなみ海道のブロガー&サイクリスト。
ソーシャルメディアを活用した販促支援、ワードプレスベースのホームページ・ブログ制作を行っています。

尾道観光大志
中小企業庁ミラサポ専門家派遣 登録専門家
SONY イメージング・プロ・サポート会員

Related article

唇ぷるぷるウルウルのリップケア「ZOKKOON LIP」にゾッコン!尾道市向島町『HAIR&FACE JUNKO』前のページ

花椒好きがハマる!日清「カップヌードル 肉食リッチ 贅沢肉盛り担々麺」ゴマのコクが濃厚な辛口スープが美味しい!次のページ

ピックアップ記事

  1. 【機能廃止】facebookページ運営者必見!ページ「認証」で公式化し、検索結果…
  2. スクショ流出やアカウントのっとりにご用心!LINE、facebook、Googl…
  3. 【Google】店舗オーナー必読!Googleマイビジネス登録・MEO対策を行っ…
  4. 自分の位置情報を知らせる3つの方法:Googleマップ編、Line編、faceb…
  5. 【セキュリティ】今こそ見直したいLineのセキュリティ設定6つ!スクショ流出やの…

関連記事

  1. ワイン

    尾道市久保『魚信』de老舗料理旅館の風格とお料理を味わう♪

    大正時代から続く老舗料理旅館、虎魚家(おこぜや)こと、数寄屋造りの『魚…

  2. 尾道鮮魚・寿司(和食)

    尾道鍋研究会☆2020年4月例会のリベンジ!「しょっつる鍋」@おのみち海賊

    「鍋」を愛する人々が、尾道市で毎月1回、月替わりの鍋を楽しむ尾道鍋研究…

  3. 尾道鮮魚・寿司(和食)

    尾道鍋研究会☆2018年11月例会「龍馬が愛した軍鶏鍋」2種の鍋で軍鶏を堪能♪@おのみち海賊

    「鍋」を愛する人々が、尾道市で毎月1回、月替わりの鍋を楽しむ尾道鍋研究…

  4. 尾道鮮魚・寿司(和食)

    平成最後の尾道鍋研究会☆2019年4月例会「イカスミ鍋」で〆て令和へ続くよ!@おのみち海賊

    「鍋」を愛する人々が、尾道市で毎月1回、月替わりの鍋を楽しむ尾道鍋研究…

  5. 尾道鮮魚・寿司(和食)

    尾道鍋研究会☆2019年10月例会「太刀魚の白湯鍋」旬を迎えたタチウオの旨味がすごい@せいちゃんち

    「鍋」を愛する人々が、尾道市で毎月1回、月替わりの鍋を楽しむ尾道鍋研究…

  6. 尾道グルメ

    尾道鍋研究会☆2017年10月例会「珍魚イラの鍋」、淡白な白身なのに身も出汁も美味しさが秀逸!

    「鍋」を愛する人々が、尾道市で毎月1回、月替わりの鍋を楽しむ尾道鍋研究…

スポンサードリンク

follow us in feedly

検索


カテゴリー

尾道ホテル・旅館

  1. サイクリング記録

    2019年初詣&初ライド約40km☆しまなみ海道に浮かぶ尾道因島、自転車の神様「…
  2. サイクリング記録

    天女の羽衣と呼ばれる三千本桜目指して、ゆめしま海道の離島 岩城島 積善山ヒルクラ…
  3. サイクリング

    しまなみ縦走2018 1日目3/24(土)!快晴のしまなみブルーに包まれて、春の…
  4. サイクリング

    しまなみ海道『ちゃりん娘ファンライド』!キュートなアイドル、大久野島の可愛いウサ…
  5. サイクリング

    しまなみ縦走2017!しまなみ海道の赤い彗星、新車DE ROSA SK Red …
PAGE TOP