尾道グルメ&しまなみ海道サイクリング情報発信♪

menu

ミホとめぐる尾道

福山市松永『季節料理 光哉 』de初夏を感じる鮮魚コース♪


「光哉の大将の目利きはすごい」と市場で評判なのがよく分かります!

ランチタイムもディナータイムも、ここのお魚は抜群に美味しいんですもの。

DSC01259_1280

ゆったりした上質な空間で美味しいお魚をいただきたいときは、迷わず『光哉』さん。

この季節、鱧、鰆など春から初夏にかけてのお魚が楽しめます。

 

季節料理 光哉のメニューは?

 

DSC01254_1280

夜に伺うときは、本日のお品書に目が行きますね。

単品でお願いするもよし、大将におまかせするもよし。

わたしは「大将におまかせ」して、おなかに余裕があれば数品追加しています。

 

季節料理 光哉 、ミホが食べたのは?

 

 

お付き出し

 

DSC01255_1280

山芋のすり流し雲丹のせ、煮ほたて、魚の卵の炊いたん。

視覚も味覚も大満足。優しい色合いと味わいに、昼間の疲れがふっとびます。

 

おつくり盛合せ

 

DSC01261_1280

どれも鮮度抜群!

ぷりぷりコリコリの歯ごたえと、素材の甘みにうっとり。

包丁の入れ方が繊細で丁寧だから、とっても食べやすい。

 

鱚の塩焼き

 

DSC01263_1280

絶妙の塩加減でふっくら焼かれた鱚。

喜ぶ魚と書いてキス。KISSも連想できるし、いい名前をもらってるお魚ですよねぇ。

淡泊だけど旨みが深い鱚、大好き。

 

鰆と麩の揚げ浸し

 

DSC01264_1280

優しいお出汁にとろ~んとなります。

揚げ衣がお出汁を吸って、鰆の旨みが数倍になってる印象。美味しいわぁ~。

 

クロハギ薄造り

 

DSC01265_1280

濃厚な肝醤油がたまりませんっ!!!

白身とエンガワに肝醤油をたっぷりつけて、日本酒で流し込む幸せ。

あぁ、日本に生まれて良かった(笑)。

 

いくら醤油漬

 

DSC01266_1280

大きな瓶に入れてもらって、お持ち帰りしたいほど好き。

 

カニ味噌入り茶碗蒸し

 

DSC01268_1280

「バケツプリンならぬバケツ茶碗蒸しで食べたい」と思わせる光哉さんの茶碗蒸し。

カニ味噌がのると、ぐーんと大人の味度が上がりますね。

日本酒ちびり、カニ味噌ちびり、日本酒ちびり、カニ味噌&茶碗蒸しちびり・・・。幸せなループ。

 

鱧の天ぷら

 

DSC01269_1280

ふんわりさっくり鱧天。

大好物の鱧、次回は湯引きや照焼きもいただこうっと。

 

お寿司

 

DSC01270_1280

〆のお寿司。

シャリが小さめなので、女性も軽く一口でいただける嬉しいサイズ。

このシャリの炊き加減・酢加減がまた素晴らしいですね。

「お寿司をガッツリ」でも伺いたいなぁ♪

 

季節料理 光哉 、雰囲気や接客は?

 

DSC01253_1280

落ち着いた雰囲気で、ゆっくりお食事を楽しめます。

カウンター、お座敷、半個室があるので、多様な使い方ができますよん。

大将、また伺いまーす!

 

お店情報

 

季節料理 光哉

関連ランキング:寿司 | 松永駅東尾道駅



<本谷美穂 Miho Mototani>
ブログ:ミホとめぐる尾道


Loading Facebook Comments ...
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
follow us in feedly effe600af82c8ce82746a1d4f31c48cd