日本酒

移転後初訪問!尾道市土堂『京料理の高原誠吉食堂』de極上の京料理とハンバーグを堪能!

2016年1月27日に移転オープンされた、大好きな『高原誠吉食堂』さん。

京都で修行された大将のお料理はお出汁が抜群に美味しく、どのお料理も素材本来の旨みを引き出し優しく仕上げてあるのです。

DSC00756_1280

移転後も、「はぁぁ、めっちゃ美味しい」と大感激!

内装もものすごく素敵になった新店舗、ご紹介しますね。

スポンサードリンク

 

高原誠吉食堂のメニューは?

 

移転後は連日満員御礼だそうで、「皆様4,000円のコースに統一させていただいてます。ご了承ください」とのこと。

テーブルには一品料理のメニューも置かれていて、追加注文可能です。

 

アルコールメニュー

 

DSC00731_1280

ワイン、ウィスキー、カクテル。

インドのドンペリ「スラ・ヴィンヤーズ ブリュット」健在ですね(笑)。

DSC00730_1280

日本酒と焼酎。

DSC00758_1280

メニューに掲載されていないお酒もあるので、要チェックです。

 

高原誠吉食堂、ミホが食べたのは?

 

4,000円おまかせコースをいただきました。

DSC00733_1280

まずはビールでかんぱーい♪

 

小鉢いろいろ

 

DSC00732_1280

素敵な器で登場したのは、

DSC00735_1280

子芋の炊いたん。優しく上品なお出汁でほっこり炊かれていて、心が和みます。

DSC00737_1280

牡蠣。ほどよく山椒がきいていて、熱燗にぴったり。

DSC00740_1280

自家製黒胡麻豆腐。柔らかくて濃厚、胡麻の香りが広がります。

 

小笹屋竹鶴 生もと 純米吟醸原酒

 

DSC00738_1280

広島県竹原市「竹鶴酒造」さんの生もとを、アツアツの熱燗でいただきました。

竹鶴会長とご一緒させていただく会だったので、お酒への想いや杜氏さんのこだわりなどを伺いながら、この銘酒をいただくという幸せ。

DSC00739_1280

日本酒特有の甘だるさがまったくなく、深みとコクが強くて熟成感があり、いくらでもスルスルと呑めてしまう。

めっちゃめちゃ旨い!!!!!

「竹鶴では、お米を必要以上に削らないんです。丹精込めて育てられたお米に感謝し、その年ごとの味わいの変化を楽しみながら醸しています」

農家さんと自然に感謝を捧げつつ作られたお酒、ありがたく美味しく4人で一升あけちゃいました♪

 

豚と大根の炊き合わせ

 

DSC00741_1280

お出汁がよくしゅんでとろとろの大根と、あっさりした豚肉の炊き合わせ。

とにかくお出汁が美味しいので、どのお料理も心にしみわたります。

 

お刺身盛合せ

 

DSC00743_1280

大好物、タコと梅肉の組合せが嬉しい!

「刺身の脂を熱燗で流すのが旨いんですよ」と竹鶴会長。ほんと、鮮度抜群のお刺身と『竹鶴 生もと』最高です!

 

銀杏と生麩の揚げもの

 

DSC00744_1280

これまた日本酒と合うわぁ~。

DSC00745_1280

銀杏の苦味、生麩のもっちり感、どちらも大好き。

DSC00746_1280

「大人になって良かった。呑兵衛で良かった」と感じる瞬間です(笑)。

 

なまこ酢

 

DSC00749_1280

コリコリのなまこと、爽やかで優しいお酢。

揚げもののあとに酢のものって、いいですねぇ。

 

タケノコ煮

 

DSC00750_1280

ワクワクしながら蓋を開けると、

DSC00751_1280

春の訪れを感じる筍。お花形の生麩も可愛い。

 

出し巻玉子

 

DSC00753_1280

『高原誠吉食堂』さんの名物。ここに来たら、どれだけおなかいっぱいでも、これを食べなきゃ帰れません!

美しい黄色と層、もはや芸術品の域ですね。

 

日山のお肉のハンバーグ(追加品)

 

DSC00756_1280

「尾道で美味しいお肉屋さんといえば、日山さんよねぇ!」

日山さん談義のあと、みんな日山のお肉が食べたくなって追加オーダーしたハンバーグ。

名肉店と名料理人の最強タッグ、超絶ウマウマでございます。

 

じゃこ飯・赤だし・つけもの

 

DSC00757_1280

おじゃことお漬物がまた素晴らしく美味しくて、〆なのに熱燗が進んじゃいます。

赤だしでほっこり和んで、ごちそうさま。

移転後も安定の超美味、ほんと美味しゅうございました。

 

高原誠吉食堂、雰囲気や接客は?

 

DSC00725_1280

商店街からのエントランス。「和」なしつらえも照明も落ち着きがあって、大人の空間。

DSC00728_1280

引き戸を開けると、受付カンターへ続く空間が現れます。

一歩足を踏み入れて周囲をキョロキョロ。空間の使い方、内装、什器、すべてなんて素敵なんでしょう。

DSC00759_1280

こちらはウェイティングスペースでしょうか。

DSC00729_1280

1Fがカウンター席、中2階がテーブル席、2階が個室。

DSC00754_1280

見上げると立派な梁が! 贅沢な空間づかいをされてますねぇ。

おひとりさま、デート、家族会、グループ飲み、宴会、なんでもござれな名店です。

予約が取りづらい人気店なので、行かれる際は早めに予約を入れてくださいね。

高原誠吉食堂に関する記事一覧はコチラ。

 

お店情報

 

DSC00726_1280

高原誠吉食堂

関連ランキング:京料理 | 尾道駅

※2016年1月27日(水)移転されました
 新住所 :尾道市土堂2-2-19(尾道本通り)
 新定休日:月曜日
 電話番号:0848-24-6880(変更なし)
 営業時間:17:00~22:00(ラストオーダー)


尾道市ランキング
 

投稿者プロフィール

本谷美穂
本谷美穂
尾道・しまなみ海道のブロガー&サイクリスト。
ソーシャルメディアを活用した販促支援、ワードプレスベースのホームページ・ブログ制作を行っています。

SONY イメージング・プロ・サポート会員

『東京玉子本舗』の大人気「N.Y.キャラメルサンド」は、黒糖風味のキャラメルソースが秀逸!前のページ

『みかはな週末とりっぷ by アザミユウコさん』女子旅、女子呑み満載!これぞ正しい女子会の世界♪次のページ

ピックアップ記事

  1. 【機能廃止】facebookページ運営者必見!ページ「認証」で公式化し、検索結果…
  2. 【Google】新機能「タイムライン」と「現在地の共有」は便利なのか?怖いのか?…
  3. 【セキュリティ】今こそ見直したいLineのセキュリティ設定6つ!スクショ流出やの…
  4. 【Google】店舗オーナー必読!Googleマイビジネス登録・MEO対策を行っ…
  5. 自分の位置情報を知らせる3つの方法:Googleマップ編、Line編、faceb…

関連記事

  1. 福山市

    福山市松永『季節料理 光哉』松茸、銀杏、のどぐろ、鱧、去りゆく夏と秋の訪れを堪能♪

    尾道市のお隣、福山市松永町にある大好きな日本料理店『季節料理 光哉』さ…

  2. 国内旅行・グルメ

    松江市東本町、島根一の老舗BAR『山小舎』de松江ナイトを楽しむ♪

    1957年創業の松江の老舗バーへお邪魔してきました。現在のマスターは3…

  3. 尾道グルメ

    尾道市瀬戸田町『まきの日本料理』de秋の日本料理。〆はパエリアのような鉄なべ鯛めしで決まり!

    しまなみ海道・生口島(いくちじま)瀬戸田の中心部にある『まきの日本料理…

  4. ワイン

    尾道市向島町『Pizzeria Felix』(ピッツェリア・フェリックス)、新作ピッツァ・牛肉のピッ…

    ゴールデンウィークの喧騒が一段落した夜、向島の本格ピッツェリア『Fel…

  5. 日本酒

    尾道市向島町『居酒屋せいちゃんち』牡蠣、白さ海老、わけぎ、尾道の冬と春を堪能♪

    2017年3月、2度目の『せいちゃんち』。しっぽりカウンターで…

<景品表示法に基づく表記>
本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれている場合があります。

スポンサードリンク

follow us in feedly

検索


カテゴリー

尾道ホテル・旅館

  1. サイクリング記録

    天女の羽衣と呼ばれる三千本桜目指して、ゆめしま海道の離島 岩城島 積善山ヒルクラ…
  2. サイクリング

    しまなみ海道に浮かぶ尾道市因島、自転車の神様「自転車神社 大山神社」へ参拝!
  3. 国内旅行・グルメ

    ロードバイクがそのまま乗せられる出雲路の一畑電車!中国経済産業局“Leaders…
  4. サイクリング記録

    東福山~倉敷 約100kmサイクリング!晩秋の備後路を、鰻とスウィーツ目指してレ…
  5. サイクリング記録

    2019年初詣&初ライド約40km☆しまなみ海道に浮かぶ尾道因島、自転車の神様「…
PAGE TOP