尾道グルメ&しまなみ海道サイクリング情報発信♪

menu

ミホとめぐる尾道

尾道市浦崎町『ベラビスタマリーナ』kara水陸両用飛行機で尾道・しまなみ海道一周!


2016年8月10日(水)就航!

水上を離着陸する飛行機の就航は、日本国内では実に半世紀ぶりだそうです。

DSC09564_1280

「就航したら絶対乗りたい!」と夢見ていた飛行機に、8月19日に乗らせていただく機会を得ました。

低空から眺める瀬戸内海の多島美、ご紹介しますね。

 

水陸両用機とは?

 

DSC09440_1280

米アイダホ州の小型航空機メーカー、クエスト・エアクラフト・カンパニー「KODIAK100(コディアック100)」は、離着水できる「フロート」付きの水陸両用飛行機。

定期運行プランは、約50分。

尾道市浦崎町「ベラビスタマリーナ」内オノミチフローティングポートを飛び立ち、尾道水道、因島、生口島、多々羅大橋、能島、岩城島、生口島、因島、尾道水道をめぐって、オノミチフローティングポートに戻ります。

 

水陸両用機(定期運航プラン)の価格は?

 

<9月30日までの特別運賃(税込)>
〇平日
 大人 2万4000円
 小児 1万6800円
〇土日祝日
 大人2万9000円 
 小児 2万300円

<10月1日以降(税込)>
〇平日
 大人 3万2000円
 小児 2万2400円)
〇土日祝日
 大人 3万7000円
 小児 2万5900円

※チャーターもできるので、詳しくはホームページをご覧くださいね。

 

水陸両用飛行機、チェックイン・待合室

 

DSC09401_1280

駐車場向かいにあるスロープを登り、チェックインカウンターへ向かいます。

DSC09406_1280

カウンター前には、宇宙へ旅立つかのような近未来的トンネルがしつらえてあり、否応なく異空間気分が高まりますねぇ。

DSC09409_1280

カウンターには水陸両用飛行機の模型が置かれていて、「このプラモデル販売してくれたらいいのに」なんて思っちゃいます。

 

チェックイン

 

DSC09425_1280

基本的に、荷物はすべてカウンターへ預けます。

貴重品を入れるための小袋がコチラ。「可愛い。プレゼントしてもらえるのかな♪」と期待してましたが、回収されちゃって残念。

あ、体重を気にする女性の皆様へ!

申込時点で、体重申告が必要です。

数kg少なめに申請したとしても・・・

チェックインカウンター前で、当日体重測定があるのです!Σ( ̄□ ̄|||)

でも安心してください。

当日の体重測定は数値が公表されないし、衣服着用&荷物を持っての測定なので、「このカメラ、5kgあるんです!」と言い張れます(笑)。

なので、自分が幹事(申込役)を買って出れば、関係者に体重がバレることはありません^^

 

ラウンジ(待合室)

 

14125717_10207036994708431_1432548177431244799_o_1280

常石造船やヨットハーバーを一望できる、解放的なラウンジ。

DSC09412_1280

水陸両用飛行機のグッズを展示してあるコーナー。

DSC09414_1280

早めにチェックインして、ゆったりした時間を過ごしたくなるラウンジです。

DSC09428_1280

珈琲、紅茶、季節のフルーツティー、フレッシュジュース、そしてワインやシャンパンが用意されています。

あぁ、なぜわたしは車で行ってしまったんでしょうね。。。

DSC09417_1280

しまのわビール、各種ドリンクも揃ってます。

DSC09419_1280

すいかとレモン、ぶどうとレモン、季節果物のデトックスウォーター。

右にあるのは、尾道『やまねこカフェ』さん他のクッキーだそうです。

DSC09421_1280

『尾道さつき会』さんのチョコレート。パッケージもオシャレ。

DSC09423_1280

ナプキン、コースターのデザインも洗練されてますね。

 

しまのわビール

 

DSC09431_1280

瀬戸内海周辺にお住いの方なら、ご存じであろうこの「瀬戸内しまのわ」マーク。

DSC09616_1280

このデザインを担当された梅田デザイナーと、今回ご一緒させていただきました^^

 

、水陸両用飛行機、乗ってみた!

 

DSC09437_1280

ラウンジから離発着場へは、専用カートで移動します。

DSC09439_1280

ヨットオーナーまたは水陸両用飛行機乗客しか入れないエリアへ突入。

DSC09442_1280

チケット検査、身体検査を通過すると、目の前に水陸両用飛行機が迫ってきます!

DSC09442_1280

スタッフさんに丁寧に案内していただき、いざ機内へ!

DSC09443_1280

(いい意味で)狭い!

機長さんからコースや乗機中の注意事項の説明を受けると、鳴り響くエンジン音!

普段ジェット機で聞いてる音とはまったく異なる機会音に、ワックワク。

14054318_10207036994788433_9140046554795198221_o_1280

離陸ならぬ、離海直前! みんなテンションマックスです!

DSC09455_1280

波しぶきをあげつつ水面をしばらく走り、

DSC09461_1280

飛んだ!飛んだ!

みるみる陸と海が遠ざかってゆきます!

DSC09471_1280

因島大橋と、島々が眼下に!

DSC09481_1280

尾道水道を抜け(わたしは左側席だったので見えず)、岩子島、向島、因島が見えるゾーンへ。

空から見ても、真っ赤な向島大橋は可愛いですねぇ。

DSC09497_1280

ちょっとガスがちなお天気でしたが、途中は抜けるような青空も見せてくれました。

DSC09502_1280

広大な造船所を俯瞰できるのは、スパイになった気分です(笑)。

DSC09505_1280

「あー!いつも通勤してる道!」

「いつも愛チャリ(ロードバイク)で通ってる道や、立ち寄る飲食店!」

「お友達の家々!」

地元人ならではの感動がおしよせてきて、涙ぐみそうになるわたし。

DSC09518_1280

もともと愛してやまない尾道・しまなみ海道ですが、「低空から眺める」のは初体験。

あらためて「瀬戸内海の多島美はなんて美しいんだろう」と感激ひとしおです。

DSC09526_1280

やっぱり、造船所萌え。

DSC09561_1280

多々羅大橋上で大きく旋回し、能島や岩城島を通って、再び尾道水道上空へ。

DSC09560_1280

尾道市街地ー!!!

DSC09561_1280

尾道水道ー!!!

DSC09564_1280

尾道大橋&尾道新大橋ー!!!

DSC09567_1280

尾道造船ー!!!

DSC09583_1280

尾道水道を抜けるとだんだん高度が下がってゆき、島々が間近に見えてきます。

DSC09588_1280

着水!

DSC09604_1280

予想より揺れも衝撃も少なく、快適な50分の空旅を楽しませていただきました。

「冬は景色がクリアだけど、結構揺れる」

「春は上空から眺める桜がオススメ」

とのこと。次は春の桜を低空から眺めてみたいなぁ~♪

トム・クルーズ『トップガン』、『007』シリーズ、ジブリ映画『紅の豚』、あらゆる映画のテーマソングが脳内再生される体験です。

 

ベラビスタマリーナ

 

DSC09394_1280

南国リゾートに来たかのような雰囲気。

DSC09396_1280

ヨットハーバーと水陸両用木離発着場。

DSC09395_1280

ホットドッグカフェもオススメです。
 ▽
尾道市浦崎町 境ガ浜ベラビスタマリーナ『ホットドッグカフェ(仮称)』de海と空に囲まれてホットドッグ!
南国リゾート来たかのような解放感に包まれる、ベラビスタマリーナ。 2016年初夏にはオシャレなホットドッグ・コンテナショップが登...


 

企業情報

 

DSC09394_1280

インターネットから予約すると5%OFF!
 ▽
株式会社せとうちSEAPLANES(ツネイシホールディングス)
https://setouchi-seaplanes.com/


水陸両用飛行のあとは、ベラビスタマリーナ内のパスタカフェへ。
 ▽
尾道市浦崎町 境ガ浜ベラビスタマリーナ『SOFU PASTA&CAFE』de水陸両用飛行機体験後の極上カルボナーラ!
南国リゾートへ旅行したかのような解放感に包まれる、マリーナ内の素敵カフェ。 2016年8月就航の水陸両用飛行機体験後、ランチに立ち...



LINE@でお友達になってくださいネ。

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

 
<本谷美穂 Miho Mototani>
ブログ:ミホとめぐる尾道

ミホブログ用3


広島県尾道市 ブログランキングへ
 


Loading Facebook Comments ...
  1. この記事へのコメントはありません。

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
follow us in feedly effe600af82c8ce82746a1d4f31c48cd