尾道・しまなみ情報

尾道に「トワイライトエクスプレス瑞風」がやってきた!村上宏治先生の尾道写真パネル、竹國照顕師匠の尾道PRポスターが圧巻!

2017年6月17日に運航開始した豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)」が、2017年6月27日に尾道へやってきました!

高級感あふれる深緑色「瑞風グリーン」の重厚な車体、専用バス「瑞風バス」とクルーザー、歓迎イベントなどを見に、多くの方が尾道駅を訪れておられましたよ。

「瑞風」はもちろんですが、わたしのもう1つのお楽しみは、尾道駅前広場に設置された村上宏治先生の尾道写真パネルと、尾道駅構内に掲示された竹國照顕クンの尾道PRポスター!

「トワイライトエクスプレス瑞風」尾道停車の様子、ご紹介しますね。

スポンサードリンク

 

トワイライトエクスプレス瑞風

 

JR西日本の豪華寝台列車、コンセプトは<美しい日本をホテルが走る>「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」。

10両編成で、定員はわずか30名というから驚きです。

10両の構成は、客室車6両、食堂車1両、ラウンジカー1両、展望スペース付き先頭車2両。

京都の老舗料亭「菊乃井」、レストラン「HAJIME(ハジメ)」、広島のフレンチレストラン「Le Jardin Gourmand(ル・ジャルダン グルマン)」など、匠の味がいただけるお食事も旅のお楽しみ。

1泊2日の片道コースや2泊3日の一周コースなど、コースは5種類用意されており、第1期の価格は大人1人あたり270,000円~1,250,000円!

そのお値段でも応募が相次ぎ、数十倍の抽選となったそうですね。

 

尾道駅へ瑞風初停車!

 

尾道へは「山陽コース(上り)」での立ち寄りとなります。

正面口で入場券を買って構内へ入ると、上り線はすごい人・人・人!

地下通路を抜けて上りホームへ上がると、高級感に満ちた「瑞風グリーン」の車体が迎えてくれました。

「動くホテル」なので客室や食堂車を見ることは叶いませんが、すごく気持ちよさそうな展望車の様子は見れましたよ~。

朝陽、青空、海、山、夕陽、そして夜には星空を眺められるんでしょうね。素敵。

自動販売機も「瑞風グリーン」になってますね。

乗客の皆さんは午前8時過ぎに到着され、尾道駅前からクルーザーと専用バスに別れて、リゾートホテル『ベラビスタ スパ&マリーナ 尾道』へ向かわれたそうです。

 

近隣のゆるキャラもいっぱい!

 

JR西日本のICカード「ICOCA」のマスコットキャラクター、カモノハシのイコちゃん。

「瀬戸内三原」を背負いながら、イコちゃんのタラコ唇をビロンビロンして遊んでいるのは・・・

三原市の「やっさだるまん」。三原神明市の大だるまがモチーフだそうです。

世羅郡世羅町のゆるキャラ「せら坊」、本州四国連絡橋のシンボルキャラクター「わたる」くんなど。

三次市の「霧の海」から生まれた「きりこちゃん」、尾道市瀬戸田の新ゆるキャラ「モンモンレモンちゃん」の姿も見えました。

 

駅構内 尾道PRポスター

 

「瑞風」停車を記念して、尾道駅構内の工事仮囲壁面や地下通路に、尾道PRポスターが掲示されています。

9種類40枚におよぶポスターは、わたしのカメラの師匠、『CREATEGO(クレアテゴ)』竹國照顕氏&ゆかり夫人の作品なんです!

両壁にポスターが掲示された地下通路は、美術館の写真展のよう。

「瑞風」見学にいらした方々、皆さん立ち止まってゆっくり鑑賞されていました。

尾道駅を利用される方はもちろん、そうでない方も入場券を買って見に行く価値アリアリですよ~。

 

瑞風も走るNゲージ

 

駅前には「鉄道模型展示走行」ブースが設置されていて、ここも多くの人で賑わっていましたよ。

「瑞風」の旗が貼られた台の上には、精巧に再現された町並みと列車が!

「右川急便」(笑)前を走る、ドクターイエロー。

エヴァンゲリオン号!

これは本当に楽しい、いつまでも眺めていたくなりますね。

自宅の1室をこの状態にできたら、さぞや楽しいだろうなぁ。

 

尾道駅前広場緑地帯 写真パネル

 

駅前広場には、尾道が誇る写真家『村上アーカイブス』村上宏治先生の作品パネルが並んでいました。

『浄土寺』蔵の「源氏物語絵扇面散屏風 浮舟の章」。

日本最古の「浮舟の章」が尾道にある感動。

大学時代は国文学科で「源氏物語」を専攻していたので、実物を拝見してみたいものです。

時宗『常称寺』。

このパネル展が見れただけでも、駅前まで来た価値がありました。

宏治先生の作品と、旧尾道駅舎、尾道城。

旧尾道駅舎はもうすぐ解体工事が始まるので、「この景色が見れるのはあと少しなんだなぁ」と感慨にふけることしばし。

 

まとめ

 

「乗客の皆さんがすぐベラビスタへ行ってしまって、尾道市街地観光をされないのはさみしい」

「尾道市街地への経済効果は見込めない」

という意見もありましたが(わたしもそう感じていた一人)、見学効果で尾道駅周辺の駐車場は満車、近隣のお店も賑わっていました。

経済効果はあるものですね。

乗客の皆さんが「今回は尾道観光できなかったから、また来よう」って思ってくださると嬉しいな♪

そしていつかわたしも、「トワイライトエクスプレス瑞風」に乗ってみたいものです♪


尾道市ランキング
 

投稿者プロフィール

本谷美穂
本谷美穂
尾道・しまなみ海道のブロガー&サイクリスト。
ソーシャルメディアを活用した販促支援、ワードプレスベースのホームページ・ブログ制作を行っています。

尾道観光大志
SONY イメージング・プロ・サポート会員

Related article

『勝間式 超ロジカル家事by勝間和代さん』のお蔭で家事の概念が変わり、ついに20年以上ためた洋服とバッグを処分できました!前のページ

福山市伊勢丘『府中焼き 鉄板焼き 鉄餞 』肉汁でカリカリに焼けた麺のお好み焼き、関東煮が旨い!!次のページ

ピックアップ記事

  1. 大切なfacebookページとグループをショートカット設定すれば、情報収集・管理…
  2. 【Google】新機能「タイムライン」と「現在地の共有」は便利なのか?怖いのか?…
  3. 【Google】店舗オーナー必読!Googleマイビジネス登録・MEO対策を行っ…
  4. 【機能廃止】facebookページ運営者必見!ページ「認証」で公式化し、検索結果…
  5. スクショ流出やアカウントのっとりにご用心!LINE、facebook、Googl…

関連記事

  1. 尾道・しまなみ情報

    本四バスのマスコットキャラクター『マナミー』ラッピングバスが可愛い!

    尾道市向島内を走行中、とっても可愛いラッピングバスを発見!「え…

  2. 尾道・しまなみ情報

    尾道の桜2022☆2つの新展望台が誕生した「日本さくら名所100選 千光寺公園」

    桜が好きで好きで大好きで、「桜前線とともに、日本縦断旅行をする」のが夢…

  3. 尾道・しまなみ情報

    尾道三山と岩屋山をめぐる巨石ミステリー Vol.1☆2016年 冬至のご来光を千光寺から拝む

    『尾道の本 Ver.2』「パワースポットと石」を読んだ瞬間、「もっとも…

  4. 尾道・しまなみ情報

    尾道が誇る奇祭ベッチャー祭り2016☆子どもの悲鳴が響きわたった三鬼神の練り歩き!

    尾道っ子にとって、血沸き肉躍る奇祭「尾道ベッチャー祭り」。「ベ…

  5. サイクリング

    初チャレンジ!クライマー好みの激坂、因島水軍スカイラインを制す!

    しまなみ海道サイクリングといえば、尾道市と今治市を結ぶ約70kmブルー…

スポンサードリンク

follow us in feedly

検索


カテゴリー

尾道ホテル・旅館

  1. サイクリング

    【モニター】手ぶらで楽々「しまなみ海道らくらくサイクリング ガイド同行&バス併走…
  2. サイクリング

    しまなみ縦走2017!しまなみ海道の赤い彗星、新車DE ROSA SK Red …
  3. サイクリング

    しまなみ海道『ちゃりん娘ファンライド』!キュートなアイドル、大久野島の可愛いウサ…
  4. サイクリング

    2017年初詣&初ライド☆しまなみ海道に浮かぶ尾道因島、自転車の神様「大山神社」…
  5. サイクリング

    RED BULL HOLY RIDE 2017 大迫力のマウンテンバイクダウンヒ…
PAGE TOP