尾道グルメ&しまなみ海道サイクリング情報発信♪

menu

ミホとめぐる尾道

蛇が苦手な方は、閲覧注意!岩国市横山『岩国シロヘビの館』de神々しい白蛇にうっとり。


2016年3月24日リニューアルオープン!

蛇やカエルなどの爬虫類はもともと大の苦手なんですが、「シロヘビって、可愛い」と感じた観光施設。

DSC06312_1280

動きまわるシロヘビにだんだん愛着を感じてきて、何十枚もシャッターを切ってしまいました。

シロヘビや周辺の様子とともに、ご紹介しますね。

あ、シロヘビの写真が何枚も出てくるので、蛇が嫌い・苦手な方は閲覧注意です~。

 

岩国シロヘビの館

 

DSC06289_1280

チケットとパンフレットをいただいて、いざ館内へ。

 

シロヘビとは

 

シロヘビは岩国市にのみ生息する蛇で、アオダイショウの突然変異と言われています。 白化が遺伝的に安定した例は世界的にも見当たらず、大変珍しく貴重なものです。

そのため、1924年 (大正13年) には生息地が国の天然記念物の指定を受けました。その後、学術的にも貴重であることが認められ、1972年 (昭和47年) にはシロヘビそのものが国の天然記念物となりました。

シロヘビは長さ180cm程度、性質はおとなしく人に危害を加えることもありません。 昔から開運の守り神と言われ、市民から愛護されてきましたが、生息地一帯は都市化が進み、昭和40年代まではよく見られた、自然界のシロヘビは数が少なくなりました。そのため岩国市では保護施設を設けて飼育、増殖を図っています。

岩国観光.comより。

 

館内の様子

 

DSC06290_1280

岩国白蛇物語ブースでは、江戸時代の岩国の人々の様子が再現されています。

DSC06292_1280

大きく成長したシロヘビの抜け殻。

DSC06299_1280

シロヘビ百科・シロヘビの不思議ブースには、ゲーム機や体験機がいっぱい。

シロヘビの抜け殻に触ることもできるんですよ~。

DSC06293_1280

シロヘビ生体展示ブースでは、赤ちゃんシロヘビと成体シロヘビが飼育されています。

DSC06322_1280

赤ちゃんはちょっと赤みがあって、成長するにつれ白くなってゆくのだそう。

DSC06295_1280

置き物のように動かなかったシロヘビさんが、顔を出した!

真っ赤な目はルビーのようですね。

DSC06311_1280

おぉ~!動いてる!動いてる!

DSC06312_1280

舌を出したー!

飼育員さんにお聞きすると「こんなに動くのは珍しいんですよ」とのこと。

DSC06313_1280

すごい。めっちゃ動いてる。しかも結構速い。

「神の使い」といわれるだけあって、本当に美しい生き物ですね。

DSC06316_1280

岩肌をつたって、反対側へ。

DSC06323_1280

ぐるり一周して、目の前に戻ってきてくれました。

蛇は苦手なのに、ずっと観察してると可愛く感じてきたのが不思議。いい経験になりました。

 

周辺の様子

 

DSC06281_1280

周辺の公園は綺麗に整備されていて、案内板も分かりやすい。

DSC06282_1280

城下町の風情を感じつつ、楽しく散策できます。

DSC06284_1280

ひときわ目を引く石づくりの壁と階段。

DSC06286_1280

シロヘビの館向かいには、岩国市立美術館(エヴァンゲリオンと日本刀展開催中でした!)と、岩国城へ登るロープウェイ駅。

 

漆原友紀 原画展

 

DSC06296_1280

『蟲師(むしし)』が大人気のマンガ家 漆原友紀さんは岩国市のご出身なんですって。

2016年7月16日~9月19日まで、原画展が開催されるそうです。

DSC06301_1280

館内「岩国白蛇物語」のイラストは、漆原友紀さんの描き下ろしなので、ファンの方必見ですよ~。

『蟲師』、わたしも大好き!
 ▽

 

岩国錦帯橋

 

DSC06230_1280

数分歩けば、日本を代表する木造橋「岩国錦帯橋」。

五連の反り橋が美しく、1922年 (大正11年) に「国の名勝」に指定されています。

DSC06351_1280

この日はあいにくの雨模様でしたが、霧に煙る錦帯橋も風情があって素敵。

DSC06364_1280

夏の間は、鵜飼も開催されているようです。

 

岩国市オススメ・グルメスポット

 

古民家を改装した素敵なアトリエカフェ『光風堂』さん。
 ▽
DSC06258_1280岩国市横山アトリエカフェ『光風堂』de城下町の情緒と美味しいケーキにまったり♪
城下町岩国、岩国市立美術館・岩国錦帯橋近くに佇む古民家アトリエカフェ。 こだわりの珈琲と、優しい手づくりスイーツがいただける...


豪快な山賊料理が美味しいテーマパーク『山賊』さん。
 ▽
DSC06218_1280豪快な山賊料理!岩国市玖珂町『いろり山賊 玖珂店』de山賊焼、山賊ぎょうざ、山賊むすびに舌鼓♪
もはや「飲食店」の枠を大きくこえて、テーマパーク! 以前伺ったのは大学生のときだったので、実に20数年ぶりにお邪魔してきました...


 

施設情報

 

DSC06288_1280

岩国シロヘビの館
〒741-0081 山口県岩国市横山2丁目6‐52
電話:0827-35-5303


LINE@でお友達になってくださいネ。

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

 
<本谷美穂 Miho Mototani>
ブログ:ミホとめぐる尾道

ミホブログ用3


広島県尾道市 ブログランキングへ
 


Loading Facebook Comments ...
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
follow us in feedly effe600af82c8ce82746a1d4f31c48cd