尾道グルメ&しまなみ海道サイクリング情報発信♪

menu

ミホとめぐる尾道

シャチに会いたい!名古屋市港区『名古屋港水族館』は、シャチ・イルカ・ベルーガなどに出会える癒しスポット!


「シャチに会いたい!」

名古屋でのフリーな数時間を何に使おうか、どこへ行こうかと考えたとき、直感的にひらめいたのがシャチ。

DSC04572_1280_1280

『徳川美術館』も大好きなので迷ったけれど、ここは直感に従うことに。

数年ぶりの『名古屋港水族館』、数年ぶりのシャチ!

ミホとめぐる名古屋港水族館へ、さぁ出かけましょう^^

 

名古屋港水族館、ミホが鑑賞したのは?

 

DSC04541_1280_1280

入場前にイベントスケジュールをチェック!

シャチとイルカのショーは絶対に観なくっちゃ。

 

シャチ(北館)

 

DSC04553_1280_1280

入場ゲートを抜けると、目の前に迫ってくるシャチの水槽!

映画『フリー・ウィリー』を観て以来、好きで好きでたまらないシャチ。

DSC04561_1280_1280

おもちゃで遊ぶステラに、ぴったり寄りそう娘のリンちゃん。

「海の王者」「海のギャング」ともいわれるシャチですが、人懐こくて遊び好きで、こうして観ているだけで癒されますね。

DSC04572_1280_1280

いつでも「お母さんといっしょ」。微笑ましいリンちゃん。

DSC04619_1280_1280

大迫力のシャチ・トレーニング。

DSC04630_1280_1280

あぁ、開館から閉館までずっとここにいたい(笑)。

日本でシャチに会える水族館は、『鴨川シーワールド』『太地町立くじらの博物館』と、ここ『名古屋港水族館』の3館のみだそう(2016年5月現在)。

いつかはカナダ・バンクーバーのシャチウォッチングツアーに参加したいなぁ。

シャチに興味がある方、ぜひご覧ください。
 ▽


 

ゴマフアザラシ(北館)

 

DSC04547_1280_1280

ゴマちゃーん!!!

アシベ君とゴマフアザラシの赤ちゃん「ゴマちゃん」が主役の、ほのぼの4コママンガ『少年アシベ』が懐かしいなぁ。

えぇ、もちろん全巻持ってますとも。
 ▽


 

ベルーガ(北館)

 

DSC04590_1280_1280

北極のシロイルカ。無邪気にボールで遊ぶ様子が可愛いですねぇ。

DSC04602_1280_1280

ベルーガのショーに間に合いました。

DSC04604_1280_1280

ボールを取ってきたり、飼育員さんとのコミュニケーションが素晴らしい。

 

イルカ(北館)

 

DSC04577_1280_1280

鑑賞者とおしゃべりしているかのようなイルカ。

DSC04633_1280_1280

ショースタート前に、みんなそろって「こんにちは」。

DSC04640_1280_1280

飼育員さんの合図を真剣に待つ姿が、けなげで可愛すぎる。

DSC04642_1280_1280

ばっちりポーズが決まってますね。

DSC04653_1280_1280

フリスビーもみごとキャッチ!

DSC04666_1280_1280

輪っかくぐりも決め、

DSC04673_1280_1280

6mもあるボールにもタッチ!

DSC04674_1280_1280

なんと尾びれでもタッチ!すごい!

イルカはショーがない時間でも、ジャンプしたりじゃれあったりしてるので、何時間でもメインプール前に座っていたくなります。

 

南館

 

DSC04682_1280_1280

アジの大群。こうして観ると幻想的。

DSC04683_1280_1280

大きなクエ!

「美味しそう」と思ってしまったのは、わたしだけじゃないはず。

DSC04685_1280_1280

癒し効果抜群、ふわふわゆらめくクラゲ。

DSC04686_1280_1280

迫力のウツボ。

DSC04688_1280_1280

水槽トンネル。

DSC04702_1280_1280

悠々と泳ぐエイや熱帯魚を下から鑑賞できます。

DSC04704_1280_1280

キミはこの水槽のボスかな?(笑)

DSC04691_1280_1280

チンアナゴ発見!

DSC04695_1280_1280

あの衝撃的な曲が脳内再生され、笑いをこらえるのに必死でした。

気になる方は、YouTubeで「ちんあなごのうた」とググッてみてくださいネ。

DSC04706_1280_1280

大きなウミガメと、

DSC04709_1280_1280

ウミガメの赤ちゃん。

DSC04712_1280_1280

ペンギンプールを観て、フィニッシュ。

あぁ、癒されたぁ~。

「童心にかえって楽しんだ」というよりも、「オトナだからこその、深い癒しをいただいた」ように感じます。

 

名古屋港水族館、雰囲気は?

 

DSC04534_1280_1280

名古屋駅から地下鉄を1回乗り換えて、「名古屋港駅」まで30~40分。

DSC04535_1280_1280

『ふじ』の見学もできるようです。

DSC04537_1280_1280

水族館の周囲には、海の生きものをかたどったポストやオブジェ、イルミネーションがあって、歩いているだけで楽しい。

シャチに会える名古屋港水族館、とってもオススメです。

 

施設情報

 

〒455-0033 愛知県名古屋市港区港町1−3
電話: 052-654-7080
http://www.nagoyaaqua.jp/


LINE@でお友達になってくださいネ。

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

 
<本谷美穂 Miho Mototani>
ブログ:ミホとめぐる尾道

ミホブログ用3


広島県尾道市 ブログランキングへ
 


Loading Facebook Comments ...
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
follow us in feedly effe600af82c8ce82746a1d4f31c48cd