尾道グルメ&しまなみ海道サイクリング情報ブログ♪

menu

ミホとめぐる尾道

尾道三山と岩屋山をめぐる巨石ミステリー Vol.2☆2017年 もうひとつの冬至を岩屋山で実見!


尾道の本 Ver.2』「パワースポットと石」を読んだ瞬間、「もっともっと知りたい!調べてみたい!」と探求心に火が点いた尾道巨石ミステリー。

岩屋山山頂から登った朝陽が、千光寺ご本尊を照らすのを目の当たりにした2017年冬至の朝。



「夕陽のミステリーもこの目で見たい!」と、千光寺対岸にある岩屋山へ行ってきました。

わたしを刺激してやまない尾道巨石ミステリー、ご紹介しますね。

スポンサードリンク

 

尾道三山と岩屋山をめぐる巨岩ミステリー

 

数年前から気になってはいたのですが、2016年12月刊行の『尾道の本 Ver.2』「パワースポットと石」(尾道市立大学 芸術文化学部長 デザインコース 稲田全示 教授)を拝読してガゼン興味が湧いてきました!
 ▽
尾道の情報と魅力がギッシリ詰まった『尾道の本 Ver.2』 発刊!自分だけの尾道を探しに行こう♪
尾道の情報と魅力が隅から隅まで網羅された「尾道の本」は、尾道ファンに嬉しい160ページオールカラー! ガイドブックとしても、記念...


冬至の朝陽(ご来光)と『隠された神話』(稲田全示先生著)についてはコチラ。
 ▽
尾道三山と岩屋山をめぐる巨石ミステリー Vol.1☆2017年 冬至のご来光を千光寺から拝む
『尾道の本 Ver.2』「パワースポットと石」を読んだ瞬間、「もっともっと知りたい!調べてみたい!」と探求心に火が点きました。 冬...


 

2017年 冬至の夕陽

 

「冬至の夕方、太陽は岩屋山山頂にある巨石の割れ目へ沈む」

えーっ、マジで!?

千光寺のご本尊を朝陽が照らすのを目の当たりにし、夕陽も見なくては気が済まなくなってきました。

 

初めての岩屋山

 



向島を走る国道317号線から少し入ったところの狭い道を通り、高速道路(西瀬戸自動車道 通称:しまなみ海道)横の道を、岩屋山へと進んで行きます。



しばらく坂道を登ってゆくと、「岩屋巨石」と大きく書かれた紅白ののぼりが、たくさんはためいている地点へ到着。



ここが岩屋山ミステリーツアーのスタート地点なのです。



かなり急勾配な坂を登りきると、



岩屋山ミステリースポットの立派な案内板が立っています。



鳥居をくぐって、いざ聖域へ。



ある程度は整備も掃除もされているものの、落ち葉が多く舗装されていない山道が多いので、行かれる際は歩きやすい服装と靴をお勧めします。



分かれ道には案内板が立ってるので、迷うことなく進めるのがありがたい。



少し息をきらしつつ、「3.岩屋巨石正面」の広場に到着。



高速道路と向島の町並みがよく見えるビュースポットでもあります。



広場の奥には、古代ロマンを感じずにはいられない岩屋(岩の祠)。



巨石に梵字や仏像が彫られており、線刻も数ヶ所確認できます。



ここから道が更に斜度を増し、けっこうな登山気分。



横向きの大きな岩と、薬師堂が見えてきました。



猪のようというか、『もののけ姫』に出てきた「乙事主 (おつことぬし)」を思い出す迫力。



「5 千光寺パノラマビュー」地点からは、



ご来光を拝んだ千光寺本堂を正面に見ることができます。

 

冬至の夕陽が沈む巨石の割れ目

 



こちらが、夏至の朝陽が登り、冬至の夕陽が沈むと言われている巨石の割れ目。



右手の巨石には、不動明王が大きく彫られています。



お天気がよければ、このように美しい夕焼けが見れるのですねぇ。



あいにくこの日は曇っていて、厚い雲が空を覆っています。

ご来光が綺麗に見れただけで儲けものかな、夕陽はまた出直そうかなと思いつつ待っていたら、



ほんのわずかな間でしたが、夕陽が顔をのぞかせてくれました!!



神様、ありがとうございます。

冬至の夕陽が割れ目へ沈むのを、この目で見れました。


「夕陽までに登らなきゃ!」「陽が沈む前に下山しなきゃ!」とすごく世話しない岩屋山訪問でしたので、近いうちにゆっくり訪れてみようと思います。

 

岩屋山

 

広島県尾道市向東町(向島)
https://www.ononavi.jp/sightseeing/showplace/detail.html?detail_id=729


LINE@でお友達になってくださいネ。

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

 
<本谷美穂 Miho Mototani>
ブログ:ミホとめぐる尾道

ミホブログ用3


広島県尾道市 ブログランキングへ
 


Loading Facebook Comments ...
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ内Google検索


カテゴリー

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
follow us in feedly