尾道グルメ&しまなみ海道サイクリング情報発信♪

menu

ミホとめぐる尾道

尾道市土堂『菓子問屋 高野商店』、天井まで積まれた昔懐かしい駄菓子が圧巻!夢の大人買いを実現!


『菓子問屋 高野商店』があるのは、尾道海岸通りから1本北の中浜通り。

100円玉を握りしめて駄菓子屋さんへ通っていた幼少期を、甘く切なく想い出す佇まいの老舗菓子卸店です。



創業は1948(昭和23)年。

童心にかえって楽しみたい駄菓子屋さん、ご紹介しますね。

スポンサードリンク

 

菓子問屋 高野商店について

 



尾道商店街と尾道海岸通りの間にある、中浜通り。



昭和レトロ香るしっかりした店構えから、尾道商人の心意気が伝わってきますね。



店頭の真ん中には大きな招き猫が据えられ、店前の商品には直射日光が当たらないようビニールシートがかけられてます。



千万両、しっかり招いてあげてね。



ビニールシート下には尾道市栗原西『丸芳製パン工場』さんの食パンや菓子パンが並んでます。



店内は、天井までお菓子の箱がギッシリ!



約3,000種の商品を扱っておられるそうですよ。



天井に開いている大きな穴は、2階倉庫から商品をおろす滑車装置のためのものなんですって。



この箱には何が入ってるのかなと店内をワクワク探検するのは、宝探しをしているよう。



懐かしい!

さくらんぼ餅とミックス餅。

あら?

子どものころからずっと「さくらんぼ餅」って呼んでたけど、正式名称は「こざくら餅」なんですね。



Knorrのレトロなラックは、家に飾りたいほどに可愛い。



卸問屋さんなので商品に値段はついていませんが、カゴに入れてレジへ持って行けば、素早く計算してくださいます。



ふふふ。

誰もが一度は夢見たことがあるであろう、串商品の大人買いもできちゃうのですよ。



長江二丁目の老舗『影山製菓所』さんの季節和生菓子。

毎年「ふなやき」をいただいてる製菓所さんです。
 ▽
尾道の夏の風物詩、素朴な和菓子『ふなやき』de夏病み知らず♪
尾道では昔から「旧暦の6月1日にふなやきを食べると夏病みしない」と言い伝えられてます。 土用の丑の日の鰻のように、旧暦6月1...


気さくなお母さんが店番をしておられるので、お菓子のこと、尾道のこと、とっても話が弾みます。

 

菓子問屋 高野商店、ミホが買ったのは?

 



春日井の「ニッキアメ」、パッケージも味も変わってないのが嬉しいなぁ~。



もちろん「こざくら餅」と「ミックス餅」も買わなくちゃね。



子どものころの定番、森永「ミルクキャラメル」と「森永ラムネ」。



UHA味覚糖「バターボール」、セイカ食品「ボンタンアメ」。



亡くなった祖母が「ボンタンアメ」が大好きで、子どものころいつも食べさせてもらってたのが懐かしい。



亡母の大好物で、いつも家にあった「羽衣あられ」。

パリパリで醤油がきいていて、美味しいんですよね。



丸芳製パン工場「あんフライパン」。



やっちゃいました、「ミニ帆たら」の箱買い!

子どものころからの夢が一つ叶いましたよ♪

毎日のおこづかいが100円だったころのわたしに、見せてあげたい(笑)。

昔懐かしい駄菓子屋さん、尾道散策の際にぜひ立ち寄ってみてくださいネ。

 

お店情報

 

菓子問屋 高野商店(高野菓子問屋)
〒722-0035 広島県尾道市土堂2丁目9−9
電話: 0848-22-3962


中浜通りのオススメグルメ。
 ▽
尾道市土堂『オノミチ潮ラーメン でんやす』の新作「搾り潮ラーメン」がアツイ!濃厚鯛出汁で日本酒を楽しもう!
『オノミチ潮ラーメン でんやす』さんが満を持して登場させた新作が、濃厚鯛出汁の「搾り潮ラーメン」。 2017年2月7日オープンから、...



 
<本谷美穂 Miho Mototani>
ブログ:ミホとめぐる尾道

ミホブログ用3


広島県尾道市 ブログランキングへ
 


Loading Facebook Comments ...
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ内Google検索


カテゴリー

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
follow us in feedly