尾道グルメ&しまなみ海道サイクリング情報発信♪

menu

ミホとめぐる尾道

シャトーマルゴー’85と熟成峠下牛、手打ち蕎麦を楽しむ夕べ@竹原市「たにざき」


フランスワイン5大シャトーの1つ、「女王」と呼ばれるシャトー・マルゴー。

わいわいワインをいただくのは大好きですが、5大シャトーなんてなかなかいただける機会はございません。

DSC01898_1280

1985年製造、30年もののマルゴーを楽しむ会に参加させていただき、その華やかさと上品さに驚愕。

マルゴーに合わせて熟成された広島県竹原市名産「峠下牛」のステーキも秀逸で、バブル再来のようなゴージャスナイトを楽しませていただきました。

シャトーマルゴー1985

 

渡辺淳一著『失楽園』で一躍ブームになったシャトー・マルゴー。

究極の愛の形を探究した二人がマルゴーで服毒自殺をはかるラストシーンは、強烈な印象を与えましたね。

日本経済新聞朝刊に連載されていたので、「今朝も読みました?激しかったですねぇ!」がビジネスマンの挨拶代りになっていたのが懐かしいです(笑)。

DSC01897_1280

今回のグルメ会に登場したマルゴーは、グレートヴィンテージの1985年!

「こんなに素晴らしいワイン、飲んだことないわ。ココロしていただかなくちゃ」と、背筋がのびます。

DSC01898_1280

経てきた年月の重みを感じるエチケット。

DSC01906_1280

美しい。

ワインをきちんと語るボキャブラリーも知識も持ち合わせておりませんが、第一印象は「華やか」。さすが女王様!

若々しさもあって驚くほど飲みやすく、かつ歴史と品格を感じさせる素晴らしいなめらかさ。

はぁぁ、美味しい。

幸せ~。

 

峠下牛

 

峠下牛と書いて、たおしたぎゅう。

広島県竹原市のブランド牛で、雌牛だけを丹精込めて育てているそうです。

DSC01889_1280

美しいサシが入って、みるからに美味しそう。

この日に合わせて熟成させたそうで、お肉の色味が落ち着いて見えます。

DSC01908_1280

塩胡椒のみで焼かれたステーキ。

DSC01910_1280

この焼き加減、最高ですね。

驚くほど柔らかく、優しい旨みが広がります。

シャトー・マルゴーとのマリアージュはもう、至福としか言いようがありません♪

DSC01911_1280

調味料を加えずに焼かれたステーキ。

えぇ、なんと、1人2枚ステーキがいただける会なんです。すごい。

燻製醤油、レモン醤油、特製ダレなど、いろんな味わいを楽しませていただきました。

 

手打ち蕎麦

 

DSC01912_1280

蕎麦打ち名人のもとで修行されたご主人の手打ち蕎麦。

DSC01913_1280

コシがしっかりしていて、蕎麦の香りも強くて、とっても好みなお蕎麦。

おなかいっぱいだったけれど、蕎麦湯までしっかり完食いたしました。

 

グルメ会

 

DSC01878_1280

写真は撮れませんでしたが、日本酒の古酒も登場。

DSC01886_1280

DSC01885_1280

DSC01884_1280

内装、照明、テーブルセッティングすべて素敵。

2015年一番のゴージャスナイトとなりました^^

ご招待いただきました竹原の皆様、本当にありがとうございました。


LINE@でお友達になってくださいネ。

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

 
<本谷美穂 Miho Mototani>
ブログ:ミホとめぐる尾道

ミホブログ用3


広島県尾道市 ブログランキングへ
 
ミホブログ用3


広島県尾道市 ブログランキングへ


 
 
 


Loading Facebook Comments ...
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
follow us in feedly effe600af82c8ce82746a1d4f31c48cd