尾道グルメ&しまなみ海道サイクリング情報ブログ♪

menu

ミホとめぐる尾道

福山市春日町『おく村』、はんなり楽しむ本格京懐石。花山椒と山菜を中心に、京都の春を堪能!


京都の春を五感すべてで楽しませていただいた、名店『おく村』さんのおまかせコース。

数年前から気になっていた『おく村』さんへ初訪問が叶い、お料理の美味しさはもちろん、おもてなしにも終始感動してきましたよ。



厳選された素材の美味しさを活かしきった京料理の数々、ご紹介しますね。

スポンサードリンク

 

おく村のメニューは?

 

<お昼>
ミニ懐石 3,500円~
懐石 5,000円~

<夜>
ミニ懐石 4,500円~
懐石 6,500円~



日本酒のラインナップに心ときめきます。

季節に合わせたコースも色々ありますので、詳しくはホームページでご確認くださいね。
 ▽
http://fukuyama-okumura.com/

 

おく村、ミホが食べたのは?

 

大将おまかせコースをいただきました。



シャンパーニュ『ポル・ロジェ』で、かんぱーい♪

繊細な味わいのシャンパーニュと京料理は初めての経験、素晴らしい味わいです。

Pol Roger Brut Reserve(ポル・ロジェ ブリュット レゼルヴ)。

生産地:フランス/シャンパーニュ地方
生産者:ポル・ロジェ
葡萄品種:ピノ・ノワール



車海老・蓬豆腐・菜種を土佐酢で。

ぷりっと弾ける車海老に、モチモチして香りのいい蓬豆腐、春らしい苦味を感じる菜種を、爽やかな土佐酢が上品にまとめてくれています。



琵琶湖の小鮎とコシアブラの天麩羅。

頭から丸ごといただける小鮎からもコシアブラからも、この時期ならではの苦味が広がって、春が来たことを実感させてくれます。



自家製の桜塩は、乾燥させた桜の葉の塩漬けを粉状にしたものとフランス ゲランド塩をブレンドしてあるそう。

あぁ、このお塩があれば、いくらでも日本酒呑めちゃいそう。



京都 円山公園のしだれ桜が描かれた、輪島塗のお椀が素敵。



毛ガニとアオサの真薯、鮎魚女の屑叩き、椎茸に、ふわっとのせられた細切りミョウガ。

お出汁はなんと桜の葉からとっておられるそうで、香りも味わいも桜の精からのプレゼントのようです。

「どれだけの手間と愛情をかけておられるんだろう」と、一品ごとに大将への感謝が高まります。



日本酒は秋田市大町『新政酒造』さんの「平成27年度秋田県清酒品評会県知事賞受賞酒 ききょうかい6号」。



旨みがしっかりしているのに、さらり上品でとってもなめらか。こりゃぁ美味しい!



ヒラメのおつくり 鯛の白子ソースがけ。

鯛は白子が入ると身が痩せてしまうそうで、ヒラメと合わせてあるのだそう。



芽ネギと生姜がいいアクセントになっていて、濃厚な白子ソースをキリッと引き締めてくれていました。



続いて現れたのは、房総沖の初鰹。

「目に青葉 山ほととぎす 初鰹」。

春を存分に味わいつつ、初夏の訪れを感じさせてくれる流れに感激。



脂がのる前のさっぱりした初鰹は背中が一番美味しいそうで、辛子醤油でキリリといただきます。



戸隠の蕎麦 花山葵・タイラギ貝・雲丹のせ。

コシが強くて香り高いお蕎麦は、大きな丼ぶりでいただきたくなる美味しさ。

爽やかな辛みを感じる花山葵、旨みの強いタイラギ貝、まろやかにとろける雲丹、一つ一つの具材が個性的なのに、全体として綺麗に調和しているのがすごい。



感動のため息が出ちゃう、美しい但馬牛。



上品なお出汁でさっと湯がかれた但馬牛に、花山椒がたっぷりと飾られています。

この時期ならではの花山椒の爽やかな香りと辛みが、脂がのった但馬牛の甘みある旨みを引き出し引き立て、たまらない美味しさ。

福山でこれほど京都を身近に感じられるなんて、本当に嬉しいですね。



深みのある色合いと深い味わいのロゼ・シャンパーニュ。

ULYSSE COLLIN LES MAILLONS ROSE DE SAIGNEE EXTRA BRUT(ユーリス・コラン・シャンパーニュ・エクストラ・ブリュット・ロゼ・ド・セニェ・レ・マイヨン)。

生産地:フランス/シャンパーニュ地方
生産者:ユーリス・コラン
葡萄品種:ピノ・ノワール

但馬牛の旨みと花山椒の柔らかな刺激に、ロゼ・シャンパーニュ。

初体験のマリアージュは感激しどおしで、日本とフランスの美食の融合を目と舌で実感いたしましたよ~。



朝堀筍と蓬麩 蕗の薹味噌。

筍は京都で朝掘りされたものを、直送で仕入れておられるそう!

鮮度抜群だからこその触感と味わいを、シンプルな焼き筍で堪能させていただきました。

自家製蕗の薹味噌がこれまた絶品で、これは日本酒をお願いしなくっちゃ~。



長野県『小布施ワイナリー』「ドメーヌソガ ソガペール エ フィス 純米 生酛 無濾過 NUMERO SIX 2016」。ボトルもエチケットもワインのような日本酒。

生酛づくり無濾過の奥深さが、蕗の薹味噌と相性抜群です。



桜海老と蕨の土鍋ご飯。

桜海老のお出汁で炊き上げたご飯に、桜海老と蕨がこんもり盛りつけられています。



噛むほどに広がる桜海老の香りと旨みに、蕨の苦味がいいアクセントになっていて、まさに春のご飯。

京都のお漬物もはんなり美味しい。



おなかはいっぱいなのにまだまだ食べたくて、おこげ部分をおかわりしちゃいました。



お出汁がしっかりしているお味噌汁も、言うまでもなく極上のお味。



桜のもなか。



きな粉と黒豆のアイスクリームと桜が香るパリサクな生地は、ほんと京の春ですねぇ。



裏千家のお抹茶をいただいて、ごちそうさまでした。

春の食材そのものの美味しさを、とても丁寧なお料理で堪能させていただきました。ありがとうございます。

次回「鱧」の予約もさせていただいたので、今から楽しみでなりませんなぁ♪

 

おく村、雰囲気や接客は?

 



京都の町格子を思わせるスタイリッシュな外観からして素敵。



高級感と落ち着きがあるカウンター。

大将をはじめスタッフ皆さんが行き届いたおもてなしをしてくださり、入店から退店まで心地よく楽しく過ごさせていただきました。

デート、接待、会食、あらゆるシーンに超オススメです。

第2回訪問はコチラ。
 ▽
福山市春日町『おく村』、はんなり楽しむ本格京懐石。鱧と鮎を中心に、京都の初夏を堪能!
福山で本格京料理をいただける名店『おく村』さん。 春に続き、今回は京都の初夏を五感すべてで楽しませていただきました。 ...


 

お店情報

 

おく村
〒721-0907 広島県福山市春日町1丁目1−44
電話: 084-946-6866

おく村

関連ランキング:割烹・小料理 | 東福山駅



 
<本谷美穂 Miho Mototani>
ブログ:ミホとめぐる尾道

ミホブログ用3


広島県尾道市 ブログランキングへ
 


Loading Facebook Comments ...
  1. この記事へのコメントはありません。

ブログ内Google検索


カテゴリー

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
follow us in feedly