尾道グルメ&しまなみ海道サイクリング情報発信♪

menu

ミホとめぐる尾道

福山市松永『季節料理 光哉 』de身悶えるほど美味しい握り寿司コース♪


魚市場で「ここの大将の目利きはすごい」と評判の『光哉』さんで、前からやってみたかったこと。

カウンターで握り寿司をたっぷりいただく。

DSC09728_1280

ランチやお食事会でしょっちゅうお邪魔してるのですが、夜2人でゆっくりカウンターに座るのは初めて。

期待どおり、いやいや、いつものごとく大きく期待以上だった大将のお料理をご紹介しますね。

 

季節料理 光哉のメニューは?

 

DSC09687_1280

その日の仕入れによって、メニューが変わります。(※定番メニュー、コースメニューもあり)

予算と好みを伝えて、オリジナルコースや鍋を作っていただくこともできますよ。

 

季節料理 光哉 、ミホが食べたのは?

 

しまなみ海道の赤い彗星つっくんのお誕生日を祝って、ちょっと奮発♪

 

お通し

 

DSC09688_1280

乾杯用にビールを頼んだけれど、慌てて日本酒を追加。

茹でしらさ海老の辛子酢味噌がけと揚げくわい、子の煮付け、なまこ、ほや。

東北名物の珍味「ほや」が出てくるとは驚き。大好きなので嬉しいなぁ~。

DSC09690_1280

甘みが強いしらさ海老、海老のなかで一番好きなんです。

DSC09691_1280

お出汁まで全部いただいた煮付け。ふんわり薄味で炊かれていて、ものすごく美味しい。

DSC09692_1280

コリンコリンした食感のなまこも最高。

 

おつくり盛合せ

 

DSC09697_1280

キャー!(心のなかの叫び)

美し過ぎて、美味しそう過ぎて、言葉を失いました。

DSC09698_1280

〆鯖、イカ、しらさ海老、さより、マグロ。

DSC09699_1280

青森県下北半島、大間漁港の反対側であがったという本マグロ。

とろけるような美味しさにシビれます。

DSC09700_1280

ほんのり軽く〆てある鯖。

「今年一年で、一番いい鯖が入ったんです」と大将。ええもう、美味し過ぎます。

DSC09702_1280

ぷりんっと弾ける身の歯ごたえもたまらない、しらさ海老。

DSC09703_1280

頭部分は軽く炙っていただきました。

DSC09704_1280

この味噌がたまらないんですよね。

もう、日本酒が進む進む。

 

里芋饅頭

 

DSC09705_1280

蓋付きの器って、「何が入っているのかしら」とときめきますね。

DSC09706_1280

贅沢にウニがのった里芋饅頭。菊花も入っていて、彩りもすごく綺麗。

DSC09707_1280

丁寧に裏漉しされたなめらかな里芋に、ねっとりしたウニと上品なお出汁が絡むと至福ですね。

「どんぶりサイズで食べたいわ」と言ったつっくん、その気持ち分かる!

 

たら白子の塩焼き

 

DSC09710_1280

カウンターに座った瞬間、「白子がある!白子大好き」とわたしが言ったのを聞きつけて、急きょメニューに加えてくださったそう。

こういう心遣い、ほんと嬉しいですよね。

DSC09711_1280

香ばしい皮に歯を入れると、ねっとり濃厚な白子が絡みついてきます。

口のなかに少し残った白子を、日本酒で流す幸せったらもう。日本人に生まれて良かった。

 

いくら醤油漬け

 

DSC09712_1280

さすがは『光哉』さんの醤油漬け。薄めの味付けで、とっても上品です。

 

握り寿司

 

「さぁ、そろそろ握っていきますね」と大将。

すでにおなかいっぱいになりかけてましたが、ここで食べねばオンナが廃る!(笑)

DSC09713_1280

赤貝、イカ、さより、とらふぐ。

DSC09714_1280

わたしは「シャリ少なめ、一貫ずつ」にしていただきました。

口の中でふわりとほどけ、お米一粒一粒を感じるシャリ、素晴らしいです。

ネタはもちろん最高の鮮度、この美味しさならいくらでも食べれそう。(オイ!)

DSC09719_1280

マグロ(赤身)と、〆鯖。

DSC09720_1280

たいらぎ貝。歯が弾き返されそうなぷりぷりぶり。

DSC09721_1280

たら白子。生かと思いきやほんのり温めてあり、シャリとの絡みが絶妙です。

DSC09722_1280

雲丹。いくら醤油漬けがまだ残っていたので、「雲丹いくら」に。

DSC09724_1280

大好物のいくらだけは、二貫握っていただきました。

DSC09727_1280

マグロ(トロ)。文字通りトロけました。

DSC09728_1280

煮穴子。トロに続いて、お寿司も心もトロけました。

DSC09732_1280

ラストは玉子。ほんのり甘くて極上のお味。

 

茶碗蒸し

 

DSC09715_1280

「バケツプリンならぬ、バケツ茶碗蒸しを食べたい」といつも願ってしまう光哉さんの茶碗蒸し。

DSC09716_1280

わたしのなかで、日本一美味しい茶碗蒸しです。

 

お味噌汁

 

DSC09733_1280

お味噌汁でほっこり。

 

デザート

 

DSC09734_1280

メープルシロップがきいたアイスクリーム。

おなかいっぱい、ココロもいっぱい。

いやー、本当に美味しかった。美味し過ぎた。幸せ過ぎた。最高の夜でございました。

 

お酒たち

 

DSC09695_1280

秋田県の地酒。浅舞酒造株式会社の『醇辛 天の戸』純米酒。

DSC09694_1280

キレのあるスッキリした辛口。どんなお料理にも合いそうです。




DSC09708_1280

昔から大好き、新潟県・宮尾酒造株式会社『〆張鶴』の「純」純米吟醸酒。

DSC09709_1280

まろやかな口あたり。甘みを感じる上品な味わいで、めちゃめちゃ好みです。




 

季節料理 光哉 、雰囲気や接客は?

 

DSC09686_1280

落ち着いた雰囲気で、ゆっくりお食事を楽しめます。

カウンター、お座敷、半個室があるので、多様な使い方ができますよん。

大将、本当にありがとうございました。また伺いまーす!

 

お店情報

 

季節料理 光哉

関連ランキング:寿司 | 松永駅東尾道駅



 
<本谷美穂 Miho Mototani>
ブログ:ミホとめぐる尾道

ミホブログ用3


広島県尾道市 ブログランキングへ
 


Loading Facebook Comments ...
  1. この記事へのコメントはありません。

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
follow us in feedly effe600af82c8ce82746a1d4f31c48cd