尾道グルメ&しまなみ海道サイクリング情報発信♪

menu

ミホとめぐる尾道

「ちょっとしたことで大切にされる女 報われない女 by 黒川伊保子さん」男女間のすれ違いをなくしたいあなたへ。


脳科学者 黒川伊保子さんに学ぶ「男と女の『脳の違い』を知ればうまくいく」。

「なんで察してくれないの?」

「最近メールの返信が遅いのはどうして?」

「なんで私の企画は通らないの?」

icatch

男性に対する女性の悩みは尽きませんが、黒川さんのご著書を読めば「そうだったのか!」と目からウロコ。

男女間のすれ違いや悩みを解消したいあなたへ、ご紹介しますね。

 

はじめに

 

男性の皆さんに質問。

女性から「なんでコレやっておいてくれなかったの?」となじられたとき、なんて答えてますか?

「言ってくれればやったのに」?

そう言って、ますます女性を怒らせちゃった経験、ありませんか?

こんなときに女性がかけてほしい魔法の言葉は、ズバリ「〇〇」!

「そうそう!そう言ってもらえたら、キュンときちゃうよねぇ!」と女性なら誰もが共感するはず。

(答えは本をお読みになってね)

大切に思うこと=察すること


察する天才である女性は、男性からも「察してほしい」のです。

反面、男性脳を理解できず、辛い思いをしてる女性が多い事実もありますよね。

「脳科学的『いい女』のつくり方」、一緒に学んでいきましょう。



 

1章 なぜか愛される人、空回りする人

 

YUUSEI85_hutarikonbini15234822_TP_V

わたしたちの周囲にもいますよね?

なぜかモテる人。なぜか男性ウケがいい人。なぜか大事にされている人。

女は、がんばるほど、しあわせから遠ざかる


がんばらなくてもいい脳科学的理由に、納得の章です。

 

「全体」で判断したい男、「なんとなく」で決めたい女

 

タイトルだけで、「あぁ~!」と共感しますよね。

直観力が優れた女性は、感性で物事を決めがちです。

「女は子宮でものを考える」と言われるのも同じことでしょう。

「その根拠は?データは?」なんて男性から言われてイラッときちゃうのも、よくあること(笑)。

左脳を使い過ぎないコツが、すごく勉強になりました。

男にとって「手がかかる」=愛しい


「空間占有率を下げる話し方」が必要


男性にとっての「座標原点」になる


女性が「なんとなく」不可解に感じていた男性の行動や考え方が、どんどんクリアになってゆきます。

 

なぜ、男は話を聞かず、女は言葉を求めるのか?

 

あぁ~!(笑)

「釣った魚が”見えない”男性脳」


そうだったのか!

釣った魚にエサを「やらない」のではなく、そもそも「見えてない」のか!

でも、男性が二人きりでいるときボーッとしていたり、エサをくれないのは『俺の女』になった証拠なんだそうですよ。

 

2章 男が放っておけない女、男の気持ちを離す女

 

フェロモンセンサーの感度は、25歳女子が最も高い


ショッキングな事実ですが、女性脳は「脳の生殖戦略」によってセンサーが変化していくそうです。

でも大丈夫。30代、40代の「恋を楽しむコツ」もしっかり書いてくださってます。

「直観力」「感動力」「ときめき力」をあげて、新しい恋をする、パートナーともう一度恋をする。とっても素敵ですね。

 

LOVEの語源は「あなたに食べさせてあげたい」

 

男女の「情の深め方」を、デートのシチュエーション、会話をとおして描いてあります。

「食べさせることで相手が幸福になること」

わたしは大の食いしん坊なので、ものすごく納得!(笑)

「女性は美味しいお店に連れていってくれる男性にホレやすい」

「男性は美味しいものを作ってくれる女性を離さない」

以前誰かに聞いたお話を思い出しました。

 

男性脳は、男女関係の面倒くさいことには耐えられない

 

TAKEBE160224530I9A0481_TP_V

男性が浮気したときの対処法、不倫の恋、ダメンズウォーカー。

悩める女性に是非読んでいただきたい。

どんなときも「いらっしゃい」と笑顔で出迎えてくれる小料理屋のおかみやクラブのママが「定番」になるのです。


あぁ~、すごく分かります(笑)

大切な女性に「座標軸」「定番」の存在になってほしく、「安定」を好む男性脳。

気分の浮き沈みが激しい状態は、周囲にも、惚れた男にも、自分にもよろしくないですね。

気分を落ちつけて、いつも笑顔でいれる女性になりたいですね。

 

3章 結婚できる女、できない女、しない女

 

PAK66_koibitototewotunagu20140301_TP_V

35歳を過ぎたら。
38歳になったら。

それぞれの年齢脳に応じて、どう行動すればよいか、とても分かりやすい。

ひょんなことから”一世一代”の恋ができるかも


そして、40歳を過ぎたら、素敵な脳変化があるそうですよ♪

・女の”発情力”をあげるちょっとしたコツ
・女子会を控えめにしたほうがいい理由

具体的で興味深いわぁ~。

男性脳への理解が深まるだけでなく、女性自身の仕組みがよく分かります。

 

4章 無邪気な女、考えすぎる女

 

 

「潜在意識まで使いこなせる」のが運のいい人

 

笑顔、無邪気さ、人を信じることの大切さ。

悪口を言われたらどうしよう、ではなく、

「いろいろ言って、向こうはスッキリするんだから、いいじゃない」

と無邪気に考えていくべきなのです。


「いい子」を演じて疲れるよりも、周囲の人を無邪気に信じていくほうが、ほんと幸せへの近道ですね。

 

できる女が言わない「4つのNGワード」

 

「男性が喜ぶ話し方 3つの大切なポイント」は、ビジネスシーンでも重要ですね。

で、気になる「4つのNGワード」ですが、うち3つはわたしの就活ブログでもご紹介してました。
 ▽


気になる残り1つは、本でお確かめくださいね。


ストレス知らずになるための行動・考え方、やまと言葉と漢語の使い分け、音韻から受ける語感。

早速実践したいことがいくつも出てきます。

 

32歳を過ぎたら「すべての男の母になれ」

 

あぁ~!(笑)

C854_akacyan_TP_V

男は「娘」と「母」に弱いのです。


わたし個人の実践法ですが、男性から理不尽なことを言われたり、不可解な行動をされたりしたときは、

「相手は5歳児♪ 可愛い5歳児♪」

と心に言い聞かせて、笑顔で受け流すようにしています。

設定年齢は何歳でもいいのですが、「相手は可愛い子どもだ」と思えば、たいていのことはやり過ごせるようになりますよ~♪(笑)

 

5章 自分を変えていける女、変えられない女

 

 

「いい女」は脳と心と体のメンテナンスがうまい

 

PPO_shikkuiichigonosyo-tocake_TP_V

「てっとり早く炭水化物」が脳に与える影響に驚き。ダイエットだけでなく、脳にもよくないのですね。

同じくダイエットにも共通することですが、脳も「タンパク質をしっかり」とることで上機嫌になるそうです。

よし、今夜は焼肉へGO!かな。
 ▽
糖質制限ダイエット☆焼肉で太らない5つのコツ
「焼き肉で太らないコツ?そんなんあるわけないわー」 いいえ、あるんです。 みんな大好き、やっきにくっ♪ キンキンに冷えた...


 

30代の”つらい失敗”が「エクセレントな脳」をつくる

 

叩かれたときの対処法、自分の「こうしたい」を大切にして無理せず生きる大切さ、心の「クセ」の変え方。

50代以降、エレガントでキュートなマダムになれるよう、「今」を楽しむコツがいっぱい詰まってます。

 

まとめ

 

「男と女は別の生き物」

とよくいわれますが、「脳科学」の世界でも、こんなにも違うものなのですね。

「男の人が何考えてるか分かんない!」と悩める女性はもちろん、「女って分かんねぇ」とイライラしちゃってる男性にも、ぜひお読みいただきたい一冊です。




ikebukuro-fukurou120140921152438_TP_V「鈍感な男 理不尽な女 by 黒川伊保子さん」 これぞ、King of the オンナゴコロのトリセツ!
脳科学者 黒川伊保子さんに学ぶ「脳科学が解く!女の機嫌をなおす18の処方箋」。 「なぜ女は親切なアドバイスに逆ギレするのか」。 ...


LINE@でお友達になってくださいネ。

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

 
<本谷美穂 Miho Mototani>
ブログ:ミホとめぐる尾道

ミホブログ用3


広島県尾道市 ブログランキングへ
 


Loading Facebook Comments ...
2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
follow us in feedly effe600af82c8ce82746a1d4f31c48cd