尾道グルメ&しまなみ海道サイクリング情報発信♪

menu

ミホとめぐる尾道

尾道市因島土生町出身、レディー・ガガの靴を手掛けるデザイナー『串野真也作品展』


あのガガ様がコンサートで愛用している美しい靴たち。

デザイナーは日本人、しかも尾道市因島出身とは数日前まで知りませんでした。

DSC01466_1280

尾道市出身者にこれほど素晴らしいファッション・デザイナーがいらしたとは衝撃です。

決して実用品ではない、芸術の域まで高められた「魅せる靴」。うっとりする世界をご紹介しますね。

 

串野真也(くしの まさや)氏プロフィール

 

1985年8月26日生まれ、尾道市因島出身。

あのレディー・ガガが舞台衣装(靴)として愛用しており、世界から注目を浴びている靴職人。

京都芸術デザイン専門学校ファッションデザインコース卒業後、イタリアに留学し、”Istituto MARANGONI”ミラノ校、ファッションデザインマスターコースにてディブロマを取得。
帰国後、「JILA LEATHER GOODS AWARD 2007」でグランプリを受賞したことをきっかけに、”革”を中心とした靴や鞄などを展開するブランド「Masaya Kushino」をスタート。その活動は日本だけに留まらず、海外でも積極的に作品を発表し続けている。

出典:串野真也氏ホームページ

 

串野真也作品展「魅せる靴」

 

日時:2014年5月10日(土)~11日(日) 10:00~18:00

場所:伊予文化芸術センター(尾道市因島)

 

作品群

 

DSC01460_1280

わたしがヒトメボレした黒いハイヒール。

DSC01461_1280

折れそうに儚げな、でもしっかり意志をもったピンヒールの美しさから目が離せません。


DSC01451_1280

トモジ(瀬戸田ドルチェ工場長)がヒトメボレしたスカルバッグ。

DSC01441_1280

手から離せなったそうで、トモジその場でオーダー。

スカルバッグは受注生産制で、6万円~。

スカルの表情、表皮の色、裏地、装飾(スワロフスキーやスタッズなど)、注文者の好みをヒアリングして制作してくださるそうです。


DSC01452_1280

いつまでも眺めていたくなる作品の数々。

DSC01457_1280

ただただ美しいニーハイブーツ。

DSC01458_1280

ロックテイストを感じます。LIVEに履いて行きたい。

DSC01459_1280

動物(鹿?)の角があしらわれていて、斬新。

DSC01462_1280

ガーリーテイストとレトロ感を感じる作品。

DSC01466_1280

孔雀の羽の華やかさに目を奪われますね。

DSC01465_1280

玉虫色の表皮と鱗のような彫刻がほどこされたヒール。うっとり。

DSC01469_1280

深みのある紅がたまらない。

DSC01470_1280

結婚式に履きたい。この靴に合わせてウエディングドレスを作りたい。

女性ならそう感じた人は多いのではないでしょうか。

 

串野真也氏

 

DSC01447_1280

串野さんご本人が在廊されていて、気さくに話しかけてきてくださいました。

地元に戻ってリラックスしておられるせいもあるのか、もともとのお人柄か、柔らかい物腰と優しい話し方、まったく垣根を作らないお話ぶりに、すっかり魅了されちゃいましたよ~。

※作品の撮影ならびにブログ掲載は、串野さんご本人から許可をいただいております。

スカルバッグとハイヒールをオーダーできるよう、お仕事ガンバリマス!

 
<本谷美穂 Miho Mototani>
ブログ:ミホとめぐる尾道

ミホブログ用3


広島県尾道市 ブログランキングへ


Loading Facebook Comments ...
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
follow us in feedly effe600af82c8ce82746a1d4f31c48cd