尾道グルメ&しまなみ海道サイクリング情報発信♪

menu

ミホとめぐる尾道

尾道市西土堂町「あじさい寺・持光寺」deにぎり仏体験


慈覚大師により、承和年間に建立された古刹「持光寺」(じこうじ)。

「尾道七佛めぐり」のコースであり、「あじさい寺」としても有名です。

粘土を握って作る「にぎり仏体験」が大人気で、繰り返し訪れる方も多いとか。

DSC_0003_convert_20150429150219_1280

「尾道に住んどるけど、にぎり仏作ったことない」面々で、おとなの工作を楽しんできました。

 

にぎり仏体験

 

DSC00785_1280

最初に出てくるのは、円筒形の粘土。

DSC00786_1280

気さくな住職さんの説明を受けながら、粘土を左手、水に濡らした木の棒を右手に持ちます。

DSC00787_1280

願いごとを1つ強く念じながら、ギューッと粘土を握ります。

DSC00788_1280

親指と人差し指の型が「手を合わせて拝んでいる」ようになるんですね。

DSC00790_1280

お手本のにぎり仏さんを見ながら、福耳を作り、目と口を竹串で描き、白毫をつけていきます。

粘土を触るなんて、何年ぶり?いや、何十年ぶり?

おとなの工作時間、めっちゃ楽しゅうございます。

DSC00792_1280

写真が趣味だという住職さんが、バシバシ記念撮影してくださるのもありがたい。

DSC00797_1280

個人撮影まで、ありがとうございます。

DSC00796_1280

しまなみ海道の赤い彗星つっくんも楽しそう♪

DSC00805_1280

さぁ、なんとか形になったかな?

背中に「尾道」「持光寺」の刻印を押し、日付と名前を書いたら、住職さんにお預けして焼いていただきます。

 

おとなの尾道遠足、みんなの作品

 

DSC00807_1280

姿形も表情も、7人それぞれ。

DSC_0001_convert_20150429150149_1280

みんなの願いが叶いますように。

 

持光寺にぎり仏体験

 

DSC00784_1280

費用は1,500円。

焼きあがったマイ握り仏を送ってもらう場合は、別途送料がかかります。

DSC00808_1280

お守りとなってくれるにぎり仏が、我が家にやってきてくれるの待ち遠しいなぁ♪

 

持光寺境内

 

DSC00820_1280

尾道は「石のまち」ともいわれ、石工技術の高い門・石段が随所にみられます。

花崗岩でつくられた持光寺の石門も有名。

DSC00817_1280

この門をくぐると、石の力で寿命がのびるといわれてます。

DSC00818_1280

新緑萌える4月下旬の境内。

DSC00814_1280

お庭も素敵。

DSC00816_1280

梅雨時期にはあじさいが楽しみですね。

DSC00782_1280

尾道の女流画家平田玉蘊(ひらた ぎょくうん・ぎょくおん)さんの碑もあり、毎年6月には「玉蘊忌法要」が行われているそうです。

DSC00781_1280

 

持光寺情報

 

持光寺(尾道観光情報おのなび)
http://www.ononavi.jp/sightseeing/temple/detail.html?detail_id=1

持光寺公式ブログ
http://jikouji1.blog.fc2.com/blog-entry-304.html

自分でつくる守り仏、尾道へおこしの際はぜひ体験されてみてくださいね。

 
<本谷美穂 Miho Mototani>
ブログ:ミホとめぐる尾道

ミホブログ用3


広島県尾道市 ブログランキングへ
 


Loading Facebook Comments ...
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
follow us in feedly effe600af82c8ce82746a1d4f31c48cd