尾道グルメ&しまなみ海道サイクリング情報発信♪

menu

ミホとめぐる尾道

ブラタモリ #73 尾道ロケ「なぜ人は尾道に魅せられるのか?」タモリさんとめぐる日本遺産の町 尾道。


NHK「ブラタモリ 尾道編」が2017年5月20日(土)に放送されました。

タモリさんと近江アナウンサーが旅のお題「なぜ人は尾道に魅せられるのか?」をテーマに、日本遺産の町 尾道をご散策。



「尾道水道が紡いだ中世からの箱庭的都市」の魅力が、タモリさんによってどのように紐解かれていくのでしょうか。

年間670万人の観光客が訪れる尾道の魅力、タモリさんの足跡とともにご紹介しますね。
 

尾道 タモリのブラブラ足跡マップ

 

 

尾道市について

 

尾道は「映画の町」「猫の町」「海と坂の町」などと呼ばれ、小津安二郎監督「東京物語」大林宣彦監督「尾道三部作・尾道新三部作」をはじめ数々の映画やドラマ、小説の舞台となっています。

日本で唯一、2年連続で日本遺産に認定された町としても有名。

2015年「尾道水道が紡いだ中世からの箱庭的都市」

2016年「“日本最大の海賊”の本拠地:芸予諸島-よみがえる村上海賊“Murakami KAIZOKU”の記憶-」

近年は世界七大サイクリングロードの一つ「サイクリストの聖地 しまなみ海道」の起点の地として、世界中からサイクリストが訪れています。

尾道の魅力と歴史を、タモリさんと一緒に巡ってみましょう。

写真はわたしが過去に撮したものをイメージで使ってます。

 

千光寺と千光寺道

 



「坂がキツイね!」とおっしゃりながら千光寺新道を登り、



「天寧寺」三重塔(多宝塔)上から眺める尾道水道(海)と尾道市街地の景観に感動されるタモリさん。

「天寧寺」についてはコチラ。
 ▽
尾道市東土堂町『天寧寺』、静謐な空間で早朝坐禅を体験!心がなめらかに変化!
高校生以来の坐禅体験に参加させていただきました! 坐禅のイメージといえば、姿勢が崩れたり精神統一ができてなかったりすると、警...


<尾道の魅力>
・古い寺や神社
・川のような尾道水道
・坂道の家や路地



急な石段と坂を上って辿りついたのは、尾道で一番有名な古刹「千光寺」。

806年(平安時代)、弘法大師空海の開基とされる真言宗のお寺です。



舞台づくりの本堂からは、尾道水道と尾道市街地、瀬戸内海の多島美を一望にできます。



今回のポイント、千光寺の境内に乱立している三重岩、玉の岩、くさり岩などの巨岩。

尾道には、尾道三山と巨石をめぐる神話が多く伝えられているのですよ。

<尾道三山>
 浄土寺山(瑠璃山)
 西國寺山(愛宕山、摩尼山)
 千光寺山(大宝山)

これらの巨石が尾道の「はじまり」だったのか!?

尾道の巨石ミステリー「神々の神話」についてはコチラ。
 ▽
尾道三山と岩屋山をめぐる巨石ミステリー Vol.1☆2017年 冬至のご来光を千光寺から拝む
『尾道の本 Ver.2』「パワースポットと石」を読んだ瞬間、「もっともっと知りたい!調べてみたい!」と探求心に火が点きました。 冬...


 

浄土寺

 



616年(飛鳥時代)、聖徳太子の創建と伝えられている浄土寺。

境内の土地そのものが国宝に指定されている「国宝の寺」であり、尾道で一番古い歴史をお持ちです。

土地・建物ともに国宝指定を受けたのは、清水寺と浄土寺だけなんですって。



浄土寺名物 仏様の使い「鳩」にエサをやろうとするタモリさんですが、ロケ日に限って鳩がいなかった模様。

普段は写真のとおり、たくさんの鳩がのどかに過ごしているのに残念でしたね。

番組内では、江戸時代に建造された裏門(重要文化財)を、特別公開。

天井裏(屋根裏)には伝書鳩を飼育していた「秘密基地」があり、江戸時代に禁止されていた伝書鳩を豪商(商人)とグルなって、こっそり飼っていたんですって!

江戸幕府に内緒の伝書鳩については知らなかったわぁ、あの天井裏へ入ってみたいものです。

足利尊氏とも縁が深い浄土寺、毎年5月に浄土寺境内で開催される薪能についてはコチラ。
 ▽
『尾道薪能 浄土寺』第26回を迎えた広島文化賞受賞の伝統芸能。篝火に浮かび上がる幽玄な世界。
広島文化賞を受賞している「尾道薪能」、第26回となる2017年は5月13日(土)に開催されました。 尾道の古刹「浄土寺」の阿弥陀堂(重...


尾道に平安時代後期から豪商が集まってきた理由は?

 

西国街道&いずも往来

 



尾道の町中を、東西にのびる商店街(西国街道)と、南北にのびる「いずも往来」(出雲街道)。



いずも往来を尾道から30kmほど北へ進んだ世羅郡世羅町の世羅大地に、「太田荘」という日本有数の大荘園がありました。

尾道は1169年(平安時代)に「公認の港」となり、荘園で収穫された穀物を出荷する港町として栄えたのです。

平安時代後期から急速に発展した尾道は、鎌倉時代に港町として発展し、江戸時代には大型商船「北前船」の寄港地となって黄金時代を迎えます。

江戸時代には尾道三山とその間の入江しかなかった尾道は、どのように埋め立てられていったのでしょうか?

 

八阪神社(厳島神社)

 



江戸時代の古地図には、西国街道(尾道商店街)ギリギリの海岸通りに石垣が並んでいます。

タモリさん一行は、尾道商店街を東(大阪方面)へ向かって歩き、町中の段差と石垣を確認しつつ、八坂神社へ。

尾道の悲恋物語「かんざし灯篭」で有名な八坂神社。

八阪神社南面の石垣は知らなかった、近々行ってみなくっちゃです。

江戸時代に平地を広げるため、埋め立てを広げた尾道。

埋め立て・雁木の築造を指揮した尾道の町奉行 平山角左衛門氏の名前までは出てきませんでしたが、いろいろ勉強になりました。

尾道の三大夏祭り『祇園祭』の様子はコチラ。
 ▽
尾道の三大夏祭り『祇園祭』2016!勇壮な神輿三体廻し、ベッチャー太鼓、熱気あふれる夏祭り!
2016年6月25日(土)、尾道の夏の始まりを告げるお祭り「祇園祭」が行われました。 尾道水道のすぐ近くで、三体の神輿が競い合う勇壮な...


 

尾道水道

 



埋め立てによって湾曲がなくなり、まっすぐな川のようになった尾道水道。



海幅200m~300mの狭い海峡には、3つの渡船が就航していて、尾道市街地と向島を船で結んでいます。

タモリさんも、「日本一短い船の旅」約3分間の尾道水道の旅を「尾道渡船」でご体験。



対岸(向島側)から眺める尾道市街地の眺めもオススメです。

江戸時代までは神聖な地だった山に、住宅が建設されるようになった理由とは?

 

JR山陽本線

 



1891年(明治24年)、町の中心を避けて山際に敷設された鉄道線路(JR山陽本線)により、尾道の町は大きく変化しました。

山手にある寺社仏閣から尾道水道の港まで、南北に通っていた参道を、東西に走る線路が横切ってしまったのです。

八幡神社にいたっては、山門と本堂が線路で分断されてしまいました。

これにより山際に住んでいた人たちは山手へ移住するしかなく、山の斜面に住宅が建ち並ぶようになったのです。

斜面地の住宅は寺社仏閣が大家さんのケースが多いのは、町の歴史に由来しているのですね。

 

尾道の井戸

 

山手に暮らす住人が共同で使っていた井戸・用水が、今でも多く残っています。

 

坂の上の家、下の家、両方から水が汲めるように設計してある二階井戸。



コツがいる上の家からの水汲みに、タモリさんがチャレンジされていました。

 

タモリのブラブラ足跡マップ

 

ルート1.オープニング
ルート2.古い寺と神社
ルート3.尾道水道
ルート4.坂道の家

NHK公式サイトで公開されています。
 ▽


「坂道の町が大好き」なタモリさん、ぜひまたゆっくり尾道へいらしていただきたいものです。


尾道のニューヒーロー「でべらーマン」が語る尾道についてもどうぞ。
 ▽
でべらーマンと尾道散歩☆地元人も知らない、尾道の乾物・寺社仏閣・風習の歴史を学ぶ。
「でべらーマン、そんなに尾道の歴史に詳しいならガイドしてよ」 江戸時代から栄えた商都尾道、豪商が建立した寺社仏閣の数々、いか...



 
<本谷美穂 Miho Mototani>
ブログ:ミホとめぐる尾道

ミホブログ用3


広島県尾道市 ブログランキングへ
 


Loading Facebook Comments ...
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ内Google検索


カテゴリー

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
follow us in feedly