尾道グルメ&しまなみ海道サイクリング情報発信♪

menu

ミホとめぐる尾道

尾道の情報と魅力がギッシリ詰まった『尾道の本 Ver.2』 発刊!自分だけの尾道を探しに行こう♪


尾道の情報と魅力が隅から隅まで網羅された「尾道の本」は、尾道ファンに嬉しい160ページオールカラー!

ガイドブックとしても、記念品としても楽しめる一冊が、2016年12月から発売されています。



発行は、備後地区の経済誌「びんご経済レポート」(毎月3回発行)でお馴染み、有限会社備後レポート社さん。

1999年5月刊行の初版本「尾道の本 まち歩きガイド」の改訂版だそうで、初版本をお持ちの方は、1999年と2016年の尾道の移り変わりを比べてみるのも興味深いですね。

表紙から編集後記までじっくり読みたい『尾道の本 Ver.2』、ご紹介します。

スポンサードリンク

 

尾道の本 Ver.2 目次紹介

 

特  集:村上 宏治氏
    「五感プラスαが目覚めるまち」

特別寄稿:高橋 玄洋氏
     「尾道には風が吹いている」

テーマ別ガイド
(パワースポットと石、猫、産業、祭り、文化・芸術、サイクリング、内海を遊ぶ、映画のロケ地 おのみち猫 gallery、サイクリングマップ、『東京物語』と尾道、映画のロケ地マップ)

エリア別ガイド
(千光寺エリア、山手エリア、長江・西國寺エリア、浄土寺エリア、新開・久保・十四日元町エリア、駅周辺エリア、海岸通り・商店街エリア、里海&里山エリア、向島・岩子島 &百島エリア、因島・瀬戸田&細島&高根島エリア、尾道郊外周辺エリア)

パトロン役の豪商たちに情報をもたらした文人墨客

文学のこみち
おのみち映画資料館・おのみち歴史博物館

おのみち+infomation
(おのみち花紀行 おのみちの桜・おのみちの紫・おのみちの白・おのみちの紅・おのみちの黄 おのみち秘話)

海の領主 村上海賊

日本遺産について
おのみちの路地
尾道の出身者とゆかりの人々
イベント・祭りカレンダー
尾道歴史年表

尾道ラーメン・お好み焼きの歴史
よく行くor行きたいラーメン店・お好み焼き店
おのみちの特産品 果物・野菜、海産物、お土産いろいろ

でべらのまち
 でべらについてあれこれ

尾道意匠散歩 おのみち水先案内人
 円福寺 都さん、福井 弘氏、川﨑 育造氏、小野 環氏、光原 百合さん、見永 洋一氏、中田 善方氏、河本 清順さん、湯﨑 英彦氏、豊田 雅子さん、林 良司氏、山根 浩揮氏、髙橋 貞昭氏、平谷 祐宏氏、住原 俊治氏、稲田 全示氏

 

尾道の本 Ver.2、読みました!

 

歴史、文化、芸術、観光、グルメ、人々の活動など、あらゆる情報が満載されていて、読んでいる間、様々な記憶や想いが交錯します。

懐かしい尾道、新しい尾道、再発見の尾道、新発見の尾道、未来の尾道。

自分だけの尾道を思い出し、新しい発見もできる一冊。

どのページもテーマも興味深いのですが、特に魅かれた特集を少しご紹介しますね。

 

五感プラスαが目覚めるまち・尾道

 



尾道を代表する写真家 村上宏治先生のお写真が、魂をゆすぶられるほど美しい。

荘厳で美しく、うっとり魅了されているうちに、気付けば心が綺麗に洗われている。

タイトルどおり、五感+αが目覚めてくる感触を実感できます。

宏治先生のfacebookページ「村上宏治ワールド 空吹く風 あの海の向こうに見えたものは・・・・・」も、ぜひご覧になってみてくださいね。
 ▽


 

パワースポットと石

 



尾道市立大学 芸術文化学部長 デザインコース 稲田全示 教授 「パワースポットと石」。

この特集ページを拝読して、数年前から気になっていた「尾道三山と岩屋山をめぐる巨石ミステリー」にガゼン興味が湧いてきました!

尾道をめぐる古代太陽信仰や巨石信仰の謎、風水をもとに設計されたとしか思えない町の配置など、歴史好き・ミステリー好きのハートに火をつける要素がいっぱい。

稲田先生にぜひ講演&街歩きを開催していただきたいわぁ~。

更に運命的なことに、わたしがこの本を手にしたのが12月20日。

そう、2016年の冬至前日だったのです。

「こりゃぁ、確かめに行かにゃぁいけん!」と、翌日は早起きして千光寺へ向かったことはいうまでもありません。

冬至の朝陽・夕陽のミステリー体験については、改めて記事をアップしますね。

 

でべらのまち

 



「でべらのまち」ページには、我らが「尾道のニューヒーロー でべらーマン」が登場!!



「でべらと尾道のPRのために頑張っています!」と、熱い思いを語っておられます。

でべらの美味しい食べ方も掲載されてるので、要チェックですよ~。


これは我が家の永久保存版に決定です!

初版本「尾道の本 まち歩きガイド」もなんとか手に入らないものかしら♪

(※1999年当時、わたしは関西で暮らしていたので尾道情報にうとかったのです)

 

尾道の本 Ver.2、どこで買える?

 

地元の方なら、啓文社さん、花本書店さんに置かれているそうです。

遠方の方は、Amazonからおとりよせ可能ですよ~。



価 格:1,800円(税別)
部 数:5,000部(初版)

 

発行社情報

 

有限会社 備後レポート社
〒722-0014 広島県尾道市新浜2-1-15
電話:0848-22-2214


 
<本谷美穂 Miho Mototani>
ブログ:ミホとめぐる尾道

ミホブログ用3


広島県尾道市 ブログランキングへ
 


Loading Facebook Comments ...

カテゴリー

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
follow us in feedly