尾道グルメ&しまなみ海道サイクリング情報発信♪

menu

ミホとめぐる尾道

尾道市久保『宮徳』de温かいちらし寿司「せいろすし」、十四代、而今、田酒を堪能!


「ちらし寿司があったかいって、何それ?」

尾道へいらした方を『宮徳』さんへご案内すると、必ずこう驚かれます。

DSC04585_1280

創業天保3年、尾道最古の寿司店『宮徳』さん。

わたしも子どもの頃から大好物、尾道名物「せいろすし」と素晴らしい日本酒ラインナップをご紹介しますね。

 

宮徳のメニューは?

 

名物「せいろすし」の他、定食、コース、お寿司など多様に揃ってます。

せいろすし定食 2,250円(茶碗蒸しつき)

おまかせ会席  4,000円 他

DSC04574_1280

焼酎、日本酒の品揃えも素晴らしいので、お酒好きの方は「今日のオススメ」を確認されてくださいね。

メニューにはのっていませんが、「あればラッキー」な手づくりアイスクリームも超オススメです。

 

宮徳、ミホが食べたのは?

 

 

おとおし

 

DSC04575_1280

涼しげなあしらいが目にも嬉しい一皿。

 

おつくり

 

DSC04577_1280

梅肉がのった鱧、海老、タコ。鮮度のよさは言うまでもありません。

 

日本酒たち

 

DSC04578_1280

大好きな『十四代 中取り純米吟醸』!

山形県「高木酒造株式会社」さんが醸す日本酒。

昔から好きですが、近年は「幻の酒」と呼ばれるほどの人気品になり、入手困難になっちゃいましたね。

華やかでコクのある味わいは、一度口にするとファンになってしまうのが頷けます。

DSC04579_1280

三重県名張市「木屋正酒造」さんの『而今(じこん) 特別純米 九号酵母火入れ』。

ほんのり微発砲を感じる爽やかな飲み口で、ものすごくバランスがいいお酒。美味しい!

DSC04582_1280

青森県青森市「西田酒造店」さんの『田酒(でんしゅ)』。

完全手づくりで醸されている、呑みごたえのある日本酒。こちらも昔から大好き。

尾道で出会えて嬉しいわぁ~。

 

せいろすし

 

細めに刻んだ焼き穴子がたっぷり入った寿司飯に、煮椎茸、薄焼きたまご、海老そぼろをのせて蒸したもの。

尾道の人は「せいろすし」と言わず「ぬく寿司」と言い習わしてます。

DSC03959_1280

せいろすし テイクアウト・おとりよせ(通信販売)も可能です。2,200円。尾道の家庭には、モロゾフのプリン容器なみに『宮徳』さんのこの黒い器があるんですよ♪

蒸すことで酸味が柔らかくなり、優しい甘酸っぱさが口いっぱいに広がります。

薄焼きたまごの下には、穴子と煮椎茸がいっぱい。

寿司飯の間にも穴子を入れてあるので、最後の一口まで尾道穴子の美味しさを楽しめます。

 

宮徳、雰囲気や接客は?

 

1Fはカウンターとテーブル席・2Fは大小お座敷があるので、カウンターでお寿司をつまむもよし、宴会や法要にも対応してくださいます。

わたしはやっぱりカウンターで大将おまかせのお寿司をつまむのが一番好き♪

 

テイクアウト&おとりよせ注文は?

 

テイクアウトは『宮徳』さんへお電話。

おとりよせ・贈答発送はホームページから注文できます。



尾道を離れている方へお贈りすると、ものすごく喜んでいただけます。

 

お店情報

 

宮徳

関連ランキング:寿司 | 尾道駅



LINE@でお友達になってくださいネ。

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

 
<本谷美穂 Miho Mototani>
ブログ:ミホとめぐる尾道

ミホブログ用3


広島県尾道市 ブログランキングへ
 


コメントは利用できません。
2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
follow us in feedly effe600af82c8ce82746a1d4f31c48cd