尾道グルメ&しまなみ海道サイクリング情報発信♪

menu

ミホとめぐる尾道

奈良・久保本家酒造『生酛のどぶ』☆小説『ほっこり庵』絶賛の日本酒おとりよせ♪


「どぶジンジャーが呑みたいんジャー!」

dobu2

いい酒、いい味、いい話『ほっこり庵』を読んで以来、呑んでみたくてたまらなくなったお酒No.1が『生もとのどぶ』。

日本酒を割るだけなら家でも再現できるかしらと、おとりよせしてみました。

先に言っておきます。このお酒は、危険です。

常温、どぶジンジャー、アチチの熱燗、それぞれの美味しさにハマり、一升瓶がすぐになくなってしまいそう。

 

生酛のどぶ

 

加藤克則杜氏が丹精こめて醸しておられる日本酒。

dobu

目の粗いふるいで越して加水し、瓶詰めしたあと、にごり酒の風味を損なわないよう丁寧に瓶燗(火入れ)するそうです。

DSC05629_1280

蔵元直詰。

DSC05623_1280

仕込み順に、ラベルに赤字でスタンプが押されてます。

DSC05624_1280

日本酒度は+13(辛口)。仕込みごとに日本酒度が違うそうで、こちらも赤字でスタンプが押されています。

DSC05622_1280

「夏子のお酒」を書かれた尾瀬あきら先生も絶賛されているそうですよ。

 

常温

 

DSC05644_1280

まずは常温でいただきます。

どぶろくやにごり酒独特の甘さはなく、芳醇な旨みが広がり、後口はスッキリ。

旨い!

DSC05646_1280

香りはクリーミィで女性好みですが、キリリとした飲み口の素敵な辛口です。

 

どぶジンジャー

 

DSC05647_1280

恋焦がれたどぶジンジャー。

『ほっこり庵』1話で、サワコちゃんが呑んでいたのがこのお酒です。

これは危険!とっても危険です!

ビール感覚でグッビグッビ呑めちゃう。

最初はどぶ3:ジンジャーエール7くらいで割ってみましたが、どぶ5:ジンジャーエール5くらいがわたしの好み。

にごり酒とジンジャーエールがこんなに合うとは嬉しい驚き。ジンジャーエール2本、あっという間になくなりました。

 

熱燗

 

DSC05653_1280

アチチの熱燗がオススメ、加藤杜氏も「どぶの熱燗は60℃が旨い」とおっしゃってると聞き、アチチ状態でいただきました。

あぁ、こりゃハマるわ~。

『ほっこり庵』1話で、ポコさんがとんかつと合わせて呑んでましたね。

「揚げ物って」
「濃いめの日本酒の燗に合うよなぁ」

イタさんとポコさんの会話が素敵。わたしも今度、とんかつ屋さんで燗酒を楽しみたいわぁ。

 

ほっこり庵

 

おとりよせのきっかけになった心あたたまる小説『ほっこり庵』。

秋の夜長、小説片手に日本酒ちびちびやるのは至福の時間ですね。



ミホの書評ブログはコチラ。

[browser-shot url=”http://onomichi-miho.com/syumi/dokusho/novel/8164/” width=”400″ height=”300″ target=”_blank”]

 

生酛のどぶは、ドコで注文できるの?

 

インターネットでおとりよせ可能です。


久保本家の他のお酒も飲んでみたいですねぇ。



 

酒蔵情報

 

久保本家酒造
奈良県宇陀郡大宇陀町出新1834

酒蔵カフェや居酒屋も運営されてるので、行ってみたいわぁ~。

久保本家酒造

関連ランキング:その他 | 宇陀市その他


初かすみ

関連ランキング:居酒屋 | 日本橋駅近鉄日本橋駅難波駅(南海)



 
<本谷美穂 Miho Mototani>
ブログ:ミホとめぐる尾道

ミホブログ用3


広島県尾道市 ブログランキングへ
 


Loading Facebook Comments ...
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
follow us in feedly effe600af82c8ce82746a1d4f31c48cd