尾道グルメ&しまなみ海道サイクリング情報ブログ♪

menu

ミホとめぐる尾道

鈴鹿の名水と復刻米から生まれた銘酒!三重県三重郡菰野町から「菰野乃大物 特別純米酒」おとりよせ♪


冷やし、燗よし、呑めばほろ酔い大物気分♪

菰野町発祥の古代米「関取米」と鈴鹿山脈の名水でつくられた、特別純米酒「菰野乃大物」。



口に含んだ瞬間、芳醇な香りが広がり、でも口当たりはさらさらと爽やか。

菰野町の銘酒、ご紹介しますね。

スポンサードリンク

 

菰野乃大物(こもののおおもの)

 

三重県三重郡菰野町といえば、ソーシャルメディアを楽しまれてる方なら、あの「赤い人」が目に浮かびますよね。

わたしのソーシャルメディアの師匠、ノブ横地さんが紹介されていたのがきっかけです。
 ▽


ノブさんに入手先を問い合わせ、早速おとりよせしちゃいました。



届いたー!



【毎冬限定販売】伝説の古代米「関取米」使用 菰野乃大物
生産地:三重県三重郡菰野町
製造者:合同会社早川酒造
品 種:米(関取米)、米こうじ



深みのある緑色のラベルと瓶。



まずはそのまま冷やでいただいてみると、お米の旨みはしっかり感じるのに、さらさらしていてすごく飲みやすい!



熱燗も美味しいと聞いたので試してみると、香りがふくよかになり、飲み口がまろやかに。

あぁ本当に飲みやすくて、美味しい日本酒。

まさに「冷やし、燗よし、呑めばほろ酔い大物気分」です!

4人であっという間に一升瓶があいちゃいました(笑)。

生酒もあるそうなので、呑んでみたいなぁ~♪



Ustream生放送番組「喜助栗助よもやま噺」でも、エンディング「艶女コーナー」で紹介させていただきましたよ♪



 

復刻 関取米

 



10年ほど前から菰野町周辺で復刻を始められた、貴重なお米そうです。

約150年前の江戸時代末期に、品質がよく収穫量の多い米として誕生した関取米。茎が強くて倒れにくく病害虫にも強かったことから、この名前がついた。 明治30年代には全国4位の作付面積を誇り、一世を風靡したが、戦後コシヒカリなどの台頭によって激減。

語り継がれるだけになっていたところ、2005年から 三重県の農業研究所が、わずかに保存していた種もみを栽培し、販売できるまで収穫量を増やしていった。2011年10月には、県と村で共同開発に関する協定を 結び、地域活性化や食育の推進の一環として、関取米の栽培を本格化し、今回の販売に至った。

「全国町村会」ホームページより。

 

販売店情報

 

酒とお茶のヨロズヤ
三重県三重郡菰野町菰野1057-4
電話:059-393-2138
FAX:059-393-2138
http://sakenoyorozuya.wixsite.com/4628


<本谷美穂 Miho Mototani>
ブログ:ミホとめぐる尾道

ミホブログ用3


広島県尾道市 ブログランキングへ
 


Loading Facebook Comments ...
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ内Google検索


カテゴリー

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
follow us in feedly