尾道グルメ&しまなみ海道サイクリング情報発信♪

menu

ミホとめぐる尾道

2016年も殻まで活用!雄武産浜毛がにを味わい尽くす幸せ♪甲羅酒も旨い!


昨年2015年のお正月、「毛がにってこんなに美味しかったっけ?」と我が家に衝撃が走った雄武産浜毛がに!

2016年のお正月にも絶対食べたくて、リピートしましたよ。

DSC08912_1280

流氷の下で良質なプランクトンを食べて育った、オホーツク海産毛がにのなかでも特にランクが高い最高級品、

漁獲量が少ないため、なかなか全国市場へ出回らない貴重品なのだそうです。

 

雄武産浜茹で毛がにが届いた

 

DSC08907_1280

どうせお願いするなら一番良い物をと、今回も特大サイズ(1匹5,700円!)を2匹注文。

DSC08912_1280

見た目はこじんまりしているのに、ずっしりどっしり重量感がすごいんです。

DSC08910_1280

茹でてすぐチッソ冷結してあるので、自然解凍すればそのままいただけます。

 

雄武産浜茹で毛がにを食べてみた

 

DSC00793_1280

解凍された毛がに。この姿だけで日本酒が呑めそうです。

DSC00796_1280

しかし、ここからが重労働。

軍手をはめ、キッチン鋏で毛がにを解体し、身をほぐしていきます。

固いし痛いけど、美味しいもののためなら頑張れる!

DSC00797_1280

わぉ、今回の毛がにも身がぎっしり。

DSC00799_1280

大好きなかに味噌もたっぷり!

DSC00806_1280

ほぐし終わったら、大きめの丼ぶりいっぱいになりました。

DSC00800_1280

弾力がすごくて甘みのある身を、濃厚な味噌につけてパクリ。

あ、もう。この美味しさ、幸せ過ぎる・・・。

DSC00813_1280

『炉ばた大将』に甲羅をのせて、焼き毛がにも楽しんじゃえ。

DSC00817_1280

かに味噌で煮込まれた身は、まさに至福。

日本酒がすごい勢いで減ってゆきます。あ、でも日本酒は残しておかねば。

だって、

DSC00822_1280

呑兵衛が蟹を食すときの一番のお楽しみ、甲羅酒。

熱燗をそそいでキュッとやるのがたまらないですよね。

DSC00823_1280

ホイルでシンプルな焼き毛がににしてみたり。

DSC00826_1280

ホイルバター焼きも作ってみたり。

2016年お正月も、雄武産浜毛がにを堪能しまくりました。

でも、これで終わりじゃないんです。

 

雄武産浜茹で毛がにをアレンジ

 

隅々まで食べ尽したあとも、殻はそのまま捨てられませんね。

殻を一晩水に漬けておき、火にかけます。

DSC00833_1280

水の量が2/3~1/2になるくらいまで煮詰め、毛がにのエキスをしっかり出しましょう。

DSC09155_1280

大根、豆腐、お餅を入れて、毛がに風味満点のお味噌汁に。

年末年始で疲れ気味の五臓六腑に染み渡り、幸せが広がります。

DSC09158_1280

お餅はもちろん、オコメン王子『石川商店』さんの生切り餅ですよ~。

DSC09104_1280年末年始で3kg増!オコメン王子『石川商店』の生切り餅が美味し過ぎてデンジャラス!
「お雑煮、お餅何個入れる?」 「6個!」 「ええっ!? ま、そうよね、美味しいもんね」 超絶美味しくてビックリした、『...


 

雄武産浜茹で毛がに 取扱先

 

株式会社アルデバラン
〒060-0010 北海道札幌市中央区北10条西24丁目3−17
Tel:011-215-7481
Fax:011-215-7371

超特大ボタン海老、白土じゃがいもも美味しいそうですよん。

次の冬も必ずリピートします!!


 
<本谷美穂 Miho Mototani>
ブログ:ミホとめぐる尾道

ミホブログ用3


広島県尾道市 ブログランキングへ
 

 

 


Loading Facebook Comments ...
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
follow us in feedly effe600af82c8ce82746a1d4f31c48cd