尾道グルメ&しまなみ海道サイクリング情報発信♪

menu

ミホとめぐる尾道

Theオトコ殺し丼☆自家製オイルサーディンでノックアウト!?


「男殺し丼」なる一品をご存知でしょうか?

森瑶子著『デザートはあなた (角川文庫)』に登場するオイルサーディン丼。

DSC01517_1280

小説では料理自慢の主人公(男性)がパパッと作るのですが、簡単かつ激旨なことから、巷で「男殺しのオイルサーディン丼」と呼ばれるようになったそうです。

小鰯をたくさんいただいたので、自家製オイルサーディンにチャレンジ!

 

自家製オイルサーディン レシピ

 

 

材料

 

・小鰯
エキストラヴァージンオイル完熟搾り【井上誠耕園】
・塩
・にんにく
・鷹の爪
・ローリエ(月桂樹)
・黒胡椒
・ローズマリー(またはタイム、オレガノ)

 

作り方

 

1.小鰯の頭と内臓を取り除きます。頭をポキッと折り横にズラすと、内臓も簡単に取れますよ。

DSC01484_1280

2.1の小鰯を塩水に1~2時間浸します。長く保存したい方は長めに。

DSC01492_1280

3.キッチンペーパー等で、2の小鰯の水分をしっかり拭き取ります。

DSC01497_1280

4.フライパンに3を綺麗に並べ、ローリエ、ローズマリー、塩、鷹の爪、スライスしたにんにく、黒胡椒を入れ、EVオリーブオイルをたぷたぷ注ぎます。

DSC01498_1280

5.4を弱火にかけ、沸騰したら極弱火にして15~20分煮込みます。

DSC01499_1280

6.5を冷ましてから、瓶かタッパーに入れて保存します。すぐ食べられますが、1~2日寝かしたほうが美味しくなりますよん。

 

自家製オイルサーディン 完成!

 

DSC01506_1280

冷蔵庫で1日寝かしたら、味がなじんでとっても美味しくなりました。

とれとれ新鮮小鰯から作ったので、格別!

ビールやワインのアテによし、パスタやパン粉焼きにもしたいけど、今回は「オトコ殺し丼」を作ります。


 

男殺しのオイルサーディン丼ぶり レシピ

 

 

材料

 

・オイルサーディン
・ねぎ
・醤油
・七味唐辛子
・ごはん

 

作り方

 

1.オイルサーディンをオイルごとフライパンに入れ、熱します。

2.その間にねぎを刻んでおきましょう。

3.1へ醤油をまわしかけ、蓋をします(※オイルが飛び散るのでご注意ください)

DSC01514_1280

4.丼ぶりにごはんをよそい、3をオイルごとたっぷりのせます。

DSC01515_1280

5.ねぎもたっぷりのせます。

DSC01516_1280

6.七味唐辛子をふりかけたら、完成!わたしはもともと辛めに作ったので、オイルの中の鷹の爪を飾りました。

DSC01517_1280

 

男殺しのオイルサーディン丼ぶり 完成!

 

DSC01520_1280

いやぁ、旨いっ!!!

ローリエとローズマリーの風味に「和」な醤油がよく絡んで、ごはんが進みまくります。

市販のオイルサーディン缶詰で作ってもすごく美味しいので、ぜひお試しください^^

 

小鰯もう一品:梅生姜煮
 

DSC01505_1280

ミホの大好物、小鰯の梅生姜煮。

レシピはコチラ。

梅の酸味がナイス!おうちde小鰯の梅生姜煮レシピ

 

小鰯もう一品:ペサン粉フリッター
 

DSC01500_1280

ボウルにペサン粉(ひよこ豆粉)、卵、塩胡椒を入れて水でとき、小鰯にまとわせて揚げるだけ。

さくふわなフリッター、ビールが進みます。

 
<本谷美穂 Miho Mototani>
ブログ:ミホとめぐる尾道

ミホブログ用3


広島県尾道市 ブログランキングへ
 

 

 

 


Loading Facebook Comments ...
  1. この記事へのコメントはありません。

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
follow us in feedly effe600af82c8ce82746a1d4f31c48cd