尾道グルメ&しまなみ海道サイクリング情報発信♪

menu

ミホとめぐる尾道

殻も捨てちゃダメ!雄武産浜毛がにを味わいつくすアレンジレシピ


オホーツク海産毛がにのなかでも特にランクが高い最高級品「雄武産毛がに」をお取り寄せしてみました。

オホーツク海の流氷の下で、良質なプランクトンを食べて育った毛がに。

DSC08117_1280

漁獲量が少ないため、なかなか全国市場へ出回らない貴重品なのだそうです。

どうせお願いするなら一番良い物をと、特大サイズ(1匹5,600円!)を2匹注文。

届いてびっくり、見た目はこじんまりしているのに、ずっしりどっしり重量感が半端ない!

 

雄武産浜茹で毛がにを食す

 

DSC08145_1280

茹でてすぐチッソ冷結してあるそう。冷蔵庫で自然解凍すればそのままいただけます。

DSC08130_1280

おぉ、迫力ありますねぇ。

DSC08131_1280

どアップでもパチリ。

DSC08159_1280

手に軍手をはめ、キッチンはさみで解体作業を行います。ここは男の仕事ですな(笑)

DSC08159_1280

身がぎっしり~!!!

DSC08160_1280

うわぁ、みずみずしい。

DSC08162_1280

味噌もたっぷり~!!!
あぁ、この絵づらだけで日本酒が呑めます。

DSC08166_1280

ついに実食!

引き締まって甘みのある身は、今までに経験のない絶品さ。

「毛がにって、こんなに美味しい食べ物だったのか!」と目からウロコが落ちまくります。

DSC08164_1280

かに味噌が超濃厚!
ちょびっとお口に入れて、熱燗をキュッ。この世の至福ですね。

つっくんもわたしも、無言。

黙々と身をほぐし、口に入れてはニンマリし、また身をほぐす。

DSC08169_1280

呑兵衛なら絶対やりたい甲羅酒。

味噌を残した甲羅へ熱燗を注ぎ入れ・・・

DSC08171_1280

うん、うん、コレコレ。

熱燗にひたされた味噌をちびちび食べながら、熱燗をキュッ!

DSC08172_1280

残しておいた身をひたすのも旨し。

DSC08182_1280

極楽じゃ~♪

 

雄武産浜茹で毛がに 取扱先

 

株式会社アルデバラン
〒060-0010 北海道札幌市中央区北10条西24丁目3−17
Tel:011-215-7481
Fax:011-215-7371

超特大ボタン海老、白土じゃがいもも美味しいそうですよん。

 

アレンジ

 

隅々まで食べ尽したあとも、殻はそのまま捨てられませんね。

DSC08193_1280

殻を一晩水に漬けておき、火にかけます。

DSC08192_1280

水の量が2/3~1/2になるくらいまで煮詰め、毛がにのエキスをしっかり出しましょう。

DSC08195_1280

ふふ、いい色のスープができました♪

 

雄武産浜毛がに 殻出汁の味噌汁

 

DSC08196_1280

スープを温めて、合わせ味噌をとかすのみ。

毛がにの濃厚な旨みを感じられるお味噌汁です。日本酒を飲み過ぎて二日酔いな朝にピッタリ。

 

雄武産浜毛がに 殻出汁のシーフードカレー

 

DSC08208 - コピー_1280

殻スープに炒めた玉ねぎ、シーフードミックス、スパイス(クミン、コリアンダー、ターメリック、パプリカパウダー、チリペッパー、ガラムマサラなど)を加え、シーフードカレーに。

DSC08228_1280

毛がにの風味が活きてますねぇ。こんなに美味しいシーフードカレーも、生まれて初めて。

 

まとめ

 

たまの贅沢は人生の喜びですね。

通販にも出回らない珍味をクチコミで教えていただけたのが、本当にありがたいです。

2015年末も絶対リピートしようっと。

 
<本谷美穂 Miho Mototani>
ブログ:ミホとめぐる尾道

ミホブログ用3


広島県尾道市 ブログランキングへ
 

 

 


Loading Facebook Comments ...
  1. この記事へのコメントはありません。

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
follow us in feedly effe600af82c8ce82746a1d4f31c48cd