尾道グルメ&しまなみ海道サイクリング情報ブログ♪

menu

ミホとめぐる尾道

サクランボのような超薄皮ミニトマト「プチぷよ」&ナポレターノバジルのトロトロチーズ揚げ♪


糖度の高さ、程よい酸味、そしてサクランボのような薄皮食感が大人気のミニトマト「プチぷよ」。

「みどり農園」の新作ナポレターノバジルと合わせて、夏らしいお料理を作ってみましたよ。



トマト、バジル、チーズ、小麦粉って、ピッツァにしてもパスタにしても、最強の組合せじゃないでしょうか。

餃子の皮を使った簡単フライ、ご紹介しますね。

スポンサードリンク

 

ナポレターノ・バジル

 



南イタリア ナポリ地方で古来から栽培されている品種で、大葉のような大きさが特徴だそうです。

カロテン、ビタミンE、ミネラル、カルシウム、鉄分、マグネシウムなどが多く含まれる美容・健康にいいバジル。

香りが強くて葉がしっかりしているので、いろんなお料理に使えます。

 

プチぷよバジルのチーズ揚げ  レシピ

 

 

材料

 



・ミニトマト「プチぷよ」
・ナポレターノバジル
・とろけるチーズ
・餃子の皮(春巻きの皮推奨)
・オリーブオイル

 

作り方

 

1.ミニトマトは縦半分、大きければ4等分にします。



2.バジルにとろけるチーズと1を並べます。



3.餃子の皮で包んで、170~180℃に熱したオリーブオイルでカラッと揚げましょう。

※餃子の皮だとバジルをちぎらないといけないので、春巻きの皮を使うのをオススメします。

 

完成

 



カリカリに揚がった餃子の皮の中には、

熱が通って甘みを増したミニトマトと、爽やかに香るバジル、とろ~りとろけたチーズ!

「ミニ揚げピッツァ」のようです。

ナポリターノバジルは香りが強いので、ふわっと鼻に抜ける感触がたまりませんね。

ビール、スプモンテ(スパークリングワイン)、キリッと冷えた白ワインのお供に最高!


これ、焼いたり茹でたりしても、また違った美味しさが楽しめそう。

トースターかグリルで焼けば、包みピッツァカルツォーネ風になりそうですものね。

この夏、いろんなアレンジを楽しんでみようっと♪

 

ミーシャンズファーム&みどり農園

 

JA尾道直営「ええじゃん尾道」へ野菜出荷されてます。

栽培状況・出荷状況はホームページでチェック!
 ▽
http://mishans.com/


 
<本谷美穂 Miho Mototani>
ブログ:ミホとめぐる尾道

ミホブログ用3


広島県尾道市 ブログランキングへ
 


Loading Facebook Comments ...
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ内Google検索


カテゴリー

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
follow us in feedly