尾道グルメ&しまなみ海道サイクリング情報ブログ♪

menu

ミホとめぐる尾道

活きナマコをどっさりいただいた!酢のものができるまでの、さばき方と処理方法!


尾道で暮らしていると、ありがたいことに野菜・果物、お魚をいただくことが多いんです。

ときには「どうやって処理すればいいの?」と驚く珍しいものや、あまりに大量で戸惑うことも。



驚きと戸惑いが同時にやってきたのは初めてで、それが今回の「なまこ」。

なまこ酢ができるまでの格闘(?)、ご報告しますね。

スポンサードリンク

 

なまこのさばき方

 

いやぁ、ほんと便利な世の中です。

「なまこ 処理方法」とググったら、YouTube動画から板前さんのブログまでいっぱいヒットしてくれます。

今回お勉強させていただいたのはコチラ。

板前さんのブログ「手前板前 ナマコのさばき方」。
 ▽


 

なまこ、さばいてみた!

 



なまこを数えてみたら8本!

まだ骨折の痛みがひどいときだったので、処理は相方つっくんにおまかせ。



板前さんの教えどおり、両端を切り落として腹に包丁を入れ、ワタと固い部分を取り出します。

「うわぁ、ぶちヌルヌルしとる!ぶち動く!」

「おーっ、切ったら固ぅなった!」

などなど、賑やかな声がキッチンから聞こえてきます(笑)。



ワタは塩辛にするので、ボウルによりわけておきましょう。

腸部分の泥を取って日本酒と塩に漬ければ、1日~数日で美味しい「このわた」ができあがります。



高級品、赤なまこ!



ワタがとれたら塩でもんで洗い、縦に2~3等分してからスライスします。



カラフルな切り身は色石のようですね。



高級乾燥なまこの原料「黒なまこ」も入っていたようで、黒、赤、青の色味の違いにビックリ。

 

なまこ酢

 



ネットで読むと「三杯酢につけた状態で冷凍可能」らしいのですが、「この量なら2人で食べれるね」と全部食べちゃうことに♪




柚子が手元になかったので、尾道名産「すだちポン酢」と柚子胡椒で美味しくいただきました^^

なまこといえば柚子と思ってましたが、すだちもよく合いますね。

鮮度抜群だから、コリコリしててめっちゃ美味しい♡

あぁ、日本酒呑みてぇ~っっっ!!!(笑)

「骨がくっつくまで禁酒」を守ってますが、美味しいものをいただくとやっぱりお酒が欲しくなりますねぇ。


たくさんのなまこ、ありがとうございました。


LINE@でお友達になってくださいネ。

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

 
<本谷美穂 Miho Mototani>
ブログ:ミホとめぐる尾道

ミホブログ用3


広島県尾道市 ブログランキングへ
 


Loading Facebook Comments ...
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ内Google検索


カテゴリー

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
follow us in feedly