尾道グルメ&しまなみ海道サイクリング情報発信♪

menu

ミホとめぐる尾道

尾道市長江『おのみち海賊』、蔵を改築した隠れ家でいただく極上の創作料理とおもてなしに感激!


初訪問の飲食店で、こんなに感動・感激したのは久しぶり!!

2014年オープンからずっと気になっていた1日1組限定『おのみち海賊』さんへ、やっとお邪魔してきました。

dsc03093_1280

キャー!キャー!

一皿ごとに歓声が上がった素晴らしいお料理とおもてなし、ご紹介しますね。

 

おのみち海賊のメニューは?

 

1日1組限定の『おのみち海賊』さん。

人数は2人~12人。詰めれば18人まで可能だそうです。

コースは3,500円~10,000円の範囲で応相談、時間帯はランチでもディナーでもOKとのことですよ♪

メニューも時間帯も「可能な限り要望にお応えします」とのことなので、優しい大将へ問い合わせてみてくださいね。

 

おのみち海賊、ミホが食べたのは?

 

 

アルコールはセルフで

 

「一人でやってるので、アルコールは基本セルフでお願いしますね」と、大将。

dsc03083_1280

冷蔵庫の中には、各国のビールやワインがぎっしり。

好きなお酒を、好きなグラスでいただけるって、呑兵衛心をくすぐりまくりですねぇ。

dsc03080_1280

焼酎、ウィスキーは、呑んだ分だけ精算されるシステムです。

dsc03096_1280

一杯目は、日本のビール「ルビーナイル」。

dsc03098_1280

早稲田大学エジプト考古学と、京都大学植物遺伝工学コラボによるクラフトビール!

しっかりコクがあって、美味しい。

製造社が「黄桜株式会社」というのも、非常に興味深いですね。

dsc03117_1280

二杯目は、イギリスビール「OLD TOM」。

dsc03116_1280

猫のキャップが可愛いストロングエールは、チョコレートのようなコクと程良い苦みがいい感じ。

「冷酒と熱燗は、お申し付けください」とのこと。

 

おまかせコース

 

今回は4,000円のおまかせコースをお願いしました。

dsc03085_1280

銘々皿からして素敵!

dsc03094_1280

おつくり盛合せ3人分。

dsc03091_1280

鮮度のよさはさることながら、親亀と子亀のモチーフや、一人ずつ分けて盛られた心遣いなど、感激ポイントがいっぱい。

dsc03093_1280

隣のテーブルは飾り付けが違うというのも、すごい。

この日のメンバーは、広告会社の方、フォトグラファーの方、ブロガー(わたし)。

みんな箸を付ける前に、夢中で写真撮影しちゃいます。

dsc03100_1280

続いて登場したのは、鯛の塩釜焼き!

dsc03102_1280

「艶」と「色」で、「ミホさんの艶やかさにかけてみました」とおっしゃっていただき、またまた大感激。

dsc03103_1280

大将が丁寧に塩釜をはがしていってくださいます。見てるほうもドキドキ。

dsc03104_1280

文字の周囲に綺麗に包丁が入り、

dsc03107_1280

綺麗にパッカーン! 桜色に輝く鯛の登場です。

dsc03110_1280

皮をはぐと、昆布のいい香りがするホクホクふわふわな白身が現れて、一同ツバをごくり。

「遠慮のかたまり」なんて日本語はどこへやら、争うような勢いで堪能させていただきました。

dsc03115_1280

おなかに詰め込まれた昆布とキノコの旨みを吸った身は、えもいえぬ美味しさです。

dsc03143_1280

ひれ酒ならぬ、塩釜焼きの皮酒。鯛の風味と塩味がきいた熱燗、最高。

dsc03119_1280

この日のメインは、海鮮鍋。

「海賊船おのみち号」と大きく書かれたオリジナルの土鍋がすごく可愛い。

dsc03123_1280

海鮮の具材は、鱧、穴子、おこぜ、と超豪華。

dsc03127_1280

上品なお出汁で煮てある土鍋には、海老、ホンビノス貝、豆腐、椎茸、しめじ、エノキ、長ネギ、春菊などが入ってます。

dsc03129_1280

初めていただくホンビノス貝に、ワックワク。

そういえば、オコゼをお鍋でいただくのも初めてな気がします。

dsc03135_1280

開きました、ホンビノス貝!

ハマグリのような肉厚さと、アサリのような旨みがあって、ぷりぷりした食感も美味しい。

dsc03142_1280

大好物の牡蠣も投入され、熱燗が進んじゃいます。

dsc03132_1280

ポン酢が入ってる容器も可愛過ぎる。ぶんぶく茶釜のタヌキをイメージしてあるそうです。

dsc03146_1280

〆は雑炊。

さまざまな魚介の旨みがとけだしたお出汁の雑炊、呑んだあとの五臓六腑に染みわたります。


「これで4,000円でいいの?」と全員が確認しちゃった素晴らしい内容。

大将、本当にありがとうございました。

忘年会、新年会、懇親会もろもろ、また伺いまーす!

 

おのみち海賊、雰囲気や接客は?

 

dsc03087_1280

インテリアにもすごく凝っておられて、壁際には歴史を感じるハードカバー本やコースターが飾られています。

竹久夢二大好きなので、席に着く前にかなりの時間ウロウロしてしまいました♪

dsc03088_1280

テーブルセッティングも美しい。

dsc03120_1280

大将が一枚一枚手づくりされている、絵手紙ショップカード。

予約の段階から、お迎え、食事中、食後の談話まで、大将の至れり尽くせりな心配りに感動しまくり。

お料理もおもてなしも素晴らしい隠れ家レストラン、これからちょくちょくお邪魔しようっと♪

 

お店情報

 

おのみち海賊
尾道市長江1-7-7
電話:090-4148-2843

おのみち 海賊

関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 尾道駅




LINE@でお友達になってくださいネ。

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

 
<本谷美穂 Miho Mototani>
ブログ:ミホとめぐる尾道

ミホブログ用3


広島県尾道市 ブログランキングへ
 


Loading Facebook Comments ...
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
follow us in feedly effe600af82c8ce82746a1d4f31c48cd