尾道グルメ&しまなみ海道サイクリング情報発信♪

menu

ミホとめぐる尾道

尾道商店街『桂馬蒲鉾商店』de新作スフレ蒲鉾ケーキAKARI&復刻鯛味噌に感激!


大正2年(1913年)創業の老舗蒲鉾『桂馬蒲鉾商店』。

全国的に大人気店となった今も、毎朝4時から社長ご自身の手で魚を捌き、蒲鉾・天ぷらを作っておられます。

DSC00166_1280

伝統と歴史を守りつつも、蒲鉾スウィーツやイタリアンとのコラボなど新しい試みに盛んにチャレンジされ、続々と新作をうみ出されていて素晴らしい。

今回は2016年春の新作、蒲鉾スフレケーキAKARIをおうちで楽しみました。

 

けいまのスフレケーキ”AKARI”(あかり)

 

DSC00111_1280

パッケージも可愛いこちらのケーキは、1,850円。

DSC00112_1280

おのみち・桂馬蒲鉾のお魚すり身にたっぷりのメレンゲとはちみつとクリームチーズをくわえ、やさしく焼きあげました。瀬戸田れもんだに農園の無農薬レモンでつくった桂馬自家製レモンカードソースをそえてお召上がりください。


DSC00162_1280

うわぁ、見た目はスフレケーキそのもの!

DSC00165_1280

まずはそのままいただいてみると、ほのかに甘くてなめらかでしっとりしています。

甘みははちみつのみなので、糖質制限ダイエットにもピッタリですね。

DSC00113_1280

自家製レモンカードソースは、瀬戸田産無農薬レモン、砂糖、バター、卵黄から作られています。

DSC00114_1280

ソースまでちゃんと手づくりされるのが、さすが桂馬さん。

DSC00166_1280

レモンカードソースをかけていただくと、レアチーズケーキそのものです。美味し~ぃ!

お魚嫌いなお子さまも、これならきっと喜んで食べるはず。

少しあたためて食べるのも美味しいそうです。次回はやってみよう♪

 

復刻・桂馬の鯛味噌

 

DSC00120_1280

1瓶1,500円

DSC00135_1280

百余年の尾道・桂馬蒲鉾、三代目女将が育まれた記憶の中にある尾道の味、桂馬の味を再現しました。
風味豊かな瀬戸内の鯛の身をふんだんに、お隣町・府中名産の味噌と丹念に炒り炊き。長年途絶えていた「桂馬の鯛味噌」の復活です。

鯛の上品な風味が効いた、甘じょっぱいこくのあるお味は炊きたてご飯にぴったり。おもてなしやお酒の後の一膳にも重宝いただけます。


DSC00136_1280

鯛の旨みが濃厚で、あたたかいごはんと相性最高です。ごはん何杯でも食べれちゃいそう。

夜は日本酒とともにチビチビ美味しくいただきましょう。

 

桂馬蒲鉾商店について

 

前述のとおり、創業100年をこえる老舗蒲鉾店。

瀬戸内以西の鮮魚にこだわり、グチ・鱧・エソ・イカなどを、天然昆布の出汁と天然海塩のみで調味されています。

化学調味料・保存料などは一切使用しておられないので、赤ちゃんの離乳食として愛用するママも多くいらっしゃいます。

色付けは、抹茶・クチナシ・ベニバナ・コチニールそ・イカスミなどの天然素材を使用。

dancyu (ダンチュウ) 2014年 12月号」では、檀太郎さんが「目指せ桂馬!」と蒲鉾づくりにチャレンジされています。

 

桂馬蒲鉾商店、ミホのオススメ

 

まずは定番の上蒲鉾、ごぼう天、柿天、金丸などを召し上がっていただきたい!

「グチの骨煎餅」は、ビールのアテに最高ですよ~。蒲鉾づくりに使われるグチの骨を、パリカリ煎餅に仕上げてあります。

はも皮山椒煮も大好物。

DSC00115_1280

プレミアムお魚ソーセージ「おのみちサルシッチャ」は、尾道U2でも購入できるそうです。
 ▽
尾道商店街『桂馬蒲鉾商店』de新作お魚ソーセージ3種モニター♪
大正2年(1913年)創業の老舗蒲鉾『桂馬蒲鉾商店』。 全国的に大人気店となった今も、毎朝4時から社長ご自身の手で蒲鉾・天ぷらを作...


彩りつまみ天も、ちょっとしたおやつやお酒のアテにピッタリ。
 ▽
尾道商店街『桂馬蒲鉾商店』de新作おさかなコロッケ&春の彩りつまみ天
大正2年(1913年)創業の老舗蒲鉾『桂馬蒲鉾商店』。 全国的に大人気店となった今も、毎朝4時から社長ご自身の手で魚を捌き、蒲鉾・...


DSC00116_1280

今の時期、春限定蒲鉾にも注目です。

 

お店情報

 

桂馬蒲鉾オンラインショップ
http://www.shop-keima-kamaboko.co.jp/

桂馬蒲鉾商店 本店

関連ランキング:天ぷら・揚げ物(その他) | 尾道駅


DSC09971_1280

サイクルスタンドがあるので、サイクリストも安心して立ち寄れます。サイクリング中の栄養補給・おやつにもオススメ。

 

まとめ

 

物心つく前から、祖父母・両親から食べさせてもらっていた桂馬の蒲鉾。

子どもの頃から、おやつ、おかず、祝い事に桂馬蒲鉾があると嬉しかったものです。

冷蔵庫に入っていた柿天やごぼ天をつまみ食いしては怒られたり、商店街へ買い物に出たときにおねだりしたり、桂馬さんにまつわる思い出が山のようにあります。

伝統の変わらぬ味と、時代を先取りした楽しい試み、これからも両立してファンの心と舌を楽しませてくださいね。


 
<本谷美穂 Miho Mototani>
ブログ:ミホとめぐる尾道

ミホブログ用3
 


Loading Facebook Comments ...
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
follow us in feedly effe600af82c8ce82746a1d4f31c48cd