尾道グルメ&しまなみ海道サイクリング情報発信♪

menu

ミホとめぐる尾道

『しましし』にハマッてます。しまなみ海道・柑橘アイランド瀬戸田の猪は、甘みがあってジューシー!


猟ガール&農ガールの長光祥子さんが手がけておられる『しまししシリーズ』。

しまなみ海道の柑橘を食べてスクスク育った猪(猪豚?)から作られるソーセージやハムが、「全然臭みがなくて、ぶち美味しい!」と評判になっています。

DSC00706_1280

もともとぼたん鍋も猪の焼肉も大好きなわたしですが、先日「しまししソーセージ」をいただいてその美味しさにビックリ!

お友達にお願いして、しまししソーセージに続き、3部位とチャーシューをゲットいたしました。

 

しまししとは?

 

長光祥子さんが名づけられた、瀬戸田の猪。

数年前、本土から猪が泳いできたことや、瀬戸田で豚と猪を掛け合わせた“いのぶた”を飼っていた人の手から離れたといわれる猪が猛繁殖し始めました。

温暖で餌が比較的豊富にある環境、豚がかかっていることなどから、猪の毛並みや体つきも違うし、肉の色も真っ赤、ではなくピンクです。
食べればいのしし独特のクセが少なく、脂肪や肉質がジューシーで柔らかい。薄くスライスし、焼肉で食べてみた時、その味・食味に驚きました。

祥子さん「瀬戸田にほれて住みつきました」サイトより

 

しまししシリーズ

 

<スライス200gパック>
・バラ 550円
・ロース、肩ロース 600円

<ブロック1kg>
・バラ  2,000円
・ロース 3,000円

<ソーセージ、ハム>
・しまししソーセージ 1,500円(500g・約14本入) 
・しまししソーセージ5本パック 650円
・しまししハム 840円(約200g) 

 

ロース スライスパック

 

DSC00689_1280

薄めにスライスされたロースがパックされています。

DSC00690_1280

美しいぼたん色。自分ではこんなに薄く均一にカットできないので、スライスパックにして良かったぁ。

DSC00693_1280

左:バターと塩胡椒で炒めたもの
右:塩胡椒のみで炒めたもの
奥:岩子島ミーシャンズファーム「パクチー」

DSC00704_1280

しまししソーセージとバターが相性良かったのでバター炒めも作ってみましたが、シンプルに塩胡椒のみのほうが断然美味しい!

炒め用の油もお酒も加えず、ほんとシンプルにしまししと塩胡椒のみで炒めてます。

まったく臭みがないので、薄めの味付けで肉そのものの旨みを味わうのがベスト。

DSC00692_1280

岩子島ミーシャンズファーム三阪クンからいただいた辛味大根が合いそうです。

DSC00697_1280

醤油もポン酢も加えなくても、めっちゃ美味しい大根おろし。

DSC00710_1280

辛味大根の大根おろし、パクチー、瀬戸田産塩レモンのせ。すべてが他素材を引き立てて、至福の美味しさでした。

しまなみ海道の潮風に吹かれつつ、みかんなどの柑橘を食べて育った猪。潮風の塩と柑橘の甘みを存分に吸収してるのでしょうね、ほんと驚きの美味しさです。

 

肩ロース&バラ スライスパック

 

DSC00886_1280

ロースの塩胡椒が美味しかったので、今回も何も足さず塩胡椒だけで炒めました。

油もしかず、臭み消し用のお酒も足さず、ほんとシンプルに炒めただけです。

DSC00887_1280

かなり脂が出るので、しめじ&エノキをしましし脂で炒めてみたら、これがまた美味しいこと!

DSC00889_1280

脂身の多いバラは、カリッとするくらい炒めたのが好き。

カリカリベーコンのようだけど、甘みを感じる旨みが強い。ほんと美味しい。

DSC00889_1280

ロースより少し固めの肩ロースは、しっかり噛みながら旨みを楽しめます。

 

しまししチャーシュー

 

DSC00688_1280

ほんのり甘じょっぱいタレと生姜で作られた、とろりんチャーシュー。

和辛子を添えてみました。

DSC00701_1280

臭みはまったくなく、脂身部分もさっぱりしてるので、ビールにも日本酒にもよく合いますよ~。


ソーセージのバター炒めも絶品でした。
 ▽
DSC09786_1280しまなみ海道・柑橘アイランド瀬戸田の猪『しまししソーセージ』は、甘みがあって柔らかくジューシー!
猟ガール&農ガールの長光祥子さんが手がけておられる『しまししシリーズ』。 しまなみ海道の柑橘を食べてスクスク育った猪から作ら...


 

しまししと合うお酒

 

 

IPA インドの青鬼

 

DSC00895_1280

初めて飲んだときは「苦すぎる~!」とリタイアしちゃった、長野県軽井沢町「ヤッホーブルーイング」さんのインディア・ペールエール『インドの青鬼』。

アザミユウコさんの新作マンガ『酩酊ガール』で「脂っこいものと抜群に合う」と書かれていたので、しまししと合わせてみました。

DSC00898_1280

ビール単体で呑むと、やはり苦過ぎるように感じるのですが、

DSC00900_1280

しまししと合わせると、あーら不思議!

しまししの脂の甘さとビールの苦味がナイスマッチング!脂と溶け合う苦味にハマります。



DSC00662_1280『酩酊ガール』呑兵衛女子による呑兵衛女子のためのマンガ登場!ビールと日本酒が好きな女子、必読なり♪
2016年2月24日発売!『いきなりロングライド!!』で大ファンになったアザミユウコさんの新刊! 「家飲み・外飲み・お店飲み」あり、ヒ...


 

サンテミリオン“シークレット・シャトー”リミティッド・エディション 2012

 

DSC00891_1280

Saint-Émilion 2012。

DSC00892_1280

葡萄品種:メルロー、カベルネフラン
生産国地域:フランス ボルドー サンテミリオン村
村:AOC サンテミリオン
タイプ:赤・辛口 フルボディ

DSC00894_1280

程よいタンニンと果実味、なめらかな舌触りのフルボディ。

しまししの旨みをふくらませてくれて、ものすごく相性がいいです。

が、このワインは、ワイン単体でいただいてもすごく美味しい! チーズとも合わせてみようっと。



 

尾道鍋研究会2016年3月例会に登場します

 

「これほど美味しい猪なら、ぼたん鍋にしたらさぞ美味しかろう」と、絶賛企画中。

2016年3月28日例会は、しまししぼたん鍋の予定です。

 

しまししは、ドコで購入できるの?

 

購入できる店舗、しまししが食べられる店舗はコチラ。
 ▽


≪メール注文≫
shimasisi.lemon@gmail.com
・お名前
・ご住所(要:郵便番号)
・商品名と個数 明記のこと

<購入できるお店>
・生口島(瀬戸田)しおまち商店街の八百屋『新畑』さん
・尾道市御調町の道の駅『クロスロードみつぎ』

尾道市街地の店舗でも取り扱ってほしいわぁ~!


LINE@でお友達になってくださいネ。

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

 
<本谷美穂 Miho Mototani>
ブログ:ミホとめぐる尾道

ミホブログ用3


広島県尾道市 ブログランキングへ
 



Loading Facebook Comments ...
2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
follow us in feedly effe600af82c8ce82746a1d4f31c48cd